新春演芸鑑賞 新内と落語で新春をお祝いしましょう!(1月28日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

和の素敵では白斗会さまと一緒になって、新内と落語で新春をお祝いしたいと思います!

一部は落語家、桂福丸さんによる新春落語。
二部は新内志賀さんによる新内の語り、そして笛の森美和子さん・笛と鳴物の滝本ひろ子さんと一緒になって新春和楽。

日時:2015年1月28日(水)

時間:17時30分 受付
     18時00分 開演
     19時30分 終演
     20時00分 懇親会開始

場所:新春演芸観賞:TORIIホール
http://www.toriihall.com/access.htm

新春懇親会:がんこ寿司道頓堀店 http://www.gankofood.co.jp/shop/detail/su-dotonbori

 

お申し込みはFBイベントよりお願いいたします。

https://www.facebook.com/events/314206178773483

新春演芸鑑賞だけのご参加もOKです。

費用:新春演芸鑑賞:3000円
新春演芸鑑賞と懇親会:12000円

ご参加の時は
1.演芸鑑賞のみ
2.演芸鑑賞と懇親会
どちらかをお選びメッセージお願いします。

 

桂福丸さんは灘中~灘高~京大を経て落語家になられるという珍しい経歴の持ち主で、4代目桂福団治に入門。福丸の名付け親は藤本義一氏です。
天満天神繁盛亭ほか各地の落語会に出演するかたわらテレビ出演やアメリカで英語落語の公演をされるなど御活躍されておられます。

新内志賀さんは京都市生まれ。幼少期より江戸浄瑠璃新内節を研進派初代家元・新内志賀大掾及び新派家元・富士松菊三郎に師事。小唄を里園派宗家・里園志寿栄及び里園志寿華に師事。2012年研進派家元、並びに新内志賀の襲名を果たし、現在は一門の指導・育成に献身されています。本名の重森三果名義では、さまざまな文学をもとに脚色した作品や自ら書き下ろした楽曲を、新しい試みをもって精力的に発表されてます。また数多くの映画・テレビ等に於いて邦楽指導、演奏出演するなど多岐にわたって活動をしてらっしゃいまする。

場所はあの「TORIIホール」
TORII(トリイ)ホールは、多くの芸人さんが定宿された「上方」という旅館を改装したときに、「桂米朝」師匠が若手芸人の研讃の場を作りたいという思いが、ビルのオーナーの鳥居氏に伝わり、ホールができることになりました。客席数100のこじんまりした空間は、マイクを通さず生の落語を聴くのに最適で、昔の寄席小屋の雰囲気を味わえます。

さあ、みなさまと新春をいっぱい楽しみましょう。

演芸鑑賞の後は、がんこ寿司道頓堀店での懇親会も用意しております。
演者の方と一緒に盛り上がりましょうね。

費用
新春演芸鑑賞:3000円
新春演芸鑑賞と懇親会:12000円

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »