和の心 20150130 さざれ石2

古事記の魅力② 〜和のこころの書〜

 

 

日本人の礼儀正しさやマナーの良さは、海外メディア含め、各所で話題に取り上げられています。

東日本大震災の後、被災者の方が順番を守って争うことなく支給を受ける様子を見て、「すべての人が神様のように見えた」と語った外国の方もいらっしゃいました。

このような日本人の行動様式は、一朝一夕でできたものではありません。

古事記に出てくる天岩戸のお話を、皆さまご存じでしょうか。

神々が住む高天原で、わがままで乱暴者のスサノヲが数々の悪さをし、みんな困っていました。
その様子を見た太陽の神様アマテラスは、大変悲しんで岩戸にこもってしまいます。
太陽を失ったことで、世界は真っ暗になり、災いが絶えなくなりました。

そこで、困った神々は集まって相談します。
オモイガネの提案により、協力してお祭りを作り上げ、アメノウズメの踊りを見て、みんなで大声あげて笑うことにしました。

気になったアマテラスが少し顔を出したところで、ぐいっと引っ張り出し、その瞬間、再び太陽の光が降り注いだのでした。

このお話からわかるように、私たちは「みんなで話し合って協力して、最後はみんなで笑う」ことを、とても大事にしています。

そんな温かい和のこころが、古事記には処々に描かれています。

長い歴史の中を残り続けた名著である古事記。
ぜひ一度古事記に触れてみて、薄れつつある素晴らしい和のこころを思い出してください。

ちなみに、この神々のお祭りが、神楽のルーツだと言われています。

—————————
iOSアプリ「紙芝居古事記『誰が作ったの?日本』」
ダウンロードはこちらから(無料)
https://itunes.apple.com/jp/app/shuiga-zuottano-ri-ben/id954968083?mt=8

(社)さざれ石ジャパン
https://www.facebook.com/sazareishi.jp

 

和の心 深水さん