墨の花辻が花  大脇一心さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

日本の染の原点とも言われる「辻が花」は室町・桃山・慶長を最盛期に、江戸の初期に忽然と消えた染織品で、その名も起源もいまだに謎に包まれています。

私はこの”幻の染め”と呼ばれる「辻が花」の持つ不可思議な美しさに魅せられて、ここに現代の「辻が花」を創作しています。

今回のセミナーでは「辻が花」の持つ外観の美しさもさることながら、昔人のおおらかな表現力とともに、内面的・精神的な味わいを染物にまで求めた先人たちの美意識の高さについてお伝えできればと思っています。

(2015.02.01 墨の花辻が花 大脇一心トークライブ  きもの屋AMANEにて)

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »