天照大神(あまてらすおおみかみ) 誰もが知る日本神話に登場する神さま

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

天照大神(あまてらすおおみかみ)は、誰もが知る日本神話に登場する神さまです。

皇室の祖神で、日本民族の総氏神とされています。

天岩戸の神隠れで有名であり、記紀によれば太陽を神格化した神さまです。

伊弉那岐命が御祓をしたときに、光を表す左目から生まれたとされています。

 

『古事記』においては天照大御神(あまてらすおおみかみ)、『日本書紀』においては天照大神(あまてらすおおかみ、あまてらすおおみかみ)と表記されています。

別名、大日孁貴神(おおひるめのむちのかみ)。神社によっては大日女命(おおひるめのみこと)、大日霊(おおひるめ)、大日女(おおひめ)ともされています。

その名の通り、あらゆる生命にとって必要な太陽を象徴する神です。

このような太陽信仰は世界中にあしますが、 日本では古くから太陽を「日の神」として信仰し、天照大神ももともとはそうした太陽信仰から発展した神霊です。

ただ、ほかの信仰と違い、古代日本人は太陽神そのものを信仰するほかに「日の神」に民族の祖神というイメージを重ねて祀っていました。

 

天照大神についての神話としては、「天岩戸暮れ」が有名です。

天照大神が岩戸に隠れたために、世の中は光を失い、悪霊が満ち、災いが起こります。

このことは日照時間が減ることによる不作、あらゆる生命の衰弱、そのことによる飢饉、餓死、疫病などを指しているのだろと思います。

さらに「太陽が隠れる」ことには、古代の人々は冬至の頃とイメージを重ねていたようです。

その時期には、人々は太陽の再生を願って神祭りを行っていました。

これは太陽の”死と再生”の儀式でもあり、 「天岩戸隠れ」は、こうした農耕儀礼が反映されています。

このことから、天照大神は大地の豊穣性を体現する母なる女神ともいえます。

 

一方、この神には男性的な側面もあります。

これを象徴するのが、神話の中で天照大神が勇ましく武装する場面です。

地上で乱暴狼藉を働いていた素戔嗚尊が高天原を訪ねてきたとき、彼女は「高天原の支配権を奪いにきたのでは」と警戒してすぐさま武装しました。

まず髪を角髪(みずら)という男性のものに結い直し、手や髪それぞれに五百もの勾玉を糸に通した飾りを巻き、 さらに千本の矢が入る靭(ゆぎ)を背負い、五百本の矢が入る靭を腹に抱え、大変な強弓を手にしました。

そのように武装すると、四股を踏むように両足を大地にめり込ませ、素戔嗚尊を威嚇したのです。

弓矢というのは、古来軍事力を象徴する道具でありまし。

そういった武具をフル装備する天照大神は、軍事を象徴する神でもあったといえるでしょう。

軍事とは国土を守るための力です。

天照大神が皇祖神として崇敬されるようになった背景には、そうしたパワーへの強い信仰もあったとされています。

以上のように、天照大神は、太陽の女神としての大地母神的な性格と、武力・軍事力に象徴される男性的なパワーを兼ね備えています。

それがあまたの男性神を押しのけて、実力ナンバーワンの日本の最高神として君臨している理由なのですね。

(絵:岩戸神楽の起顕:三代豊国)

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »