浄住寺 | 和の素敵
Slider

"葉室山淨住寺"

 

浄住寺は810年開創、嵯峨天皇の勅願寺として建てられました。

当時は「常住寺」と称していましたが、1261年(弘長元年)公卿葉室定嗣が中興し、浄住寺と改められた後、葉室家の菩提寺として栄えました。

 

"浄住寺の伝説"

 

葉室山浄住寺には、1つの伝説がありました。

お釈迦様の入滅の時、お釈迦様の歯を盗んだ鬼神がいたんだそう。

その歯が韋駄天によって日本の嵯峨天皇の下に届き、嵯峨天皇により、浄住寺に安置されたという伝説のあるお寺です。(「太平記巻の八」より)。

 

"江戸時代前期に復興"

 

応仁の乱などで焼失を繰り返しましたが、黄檗宗の祖・隠元禅師の孫弟子にあたる鉄牛禅師をお迎えして黄檗宗として1687年に葉室頼孝により黄檗禅道場の葉室山浄住寺として復興をおこない現在まで伝わっています。

 "本堂と方丈"

 

本堂はその当時のものです。
また、方丈は伊達騒動の伊達綱村が使っていた江戸屋敷の一部が移築されました。

上の間には武者隠し、縁側は鶯張りと伊達騒動の名残りとして残っています。

"境内全域が京都市の文化財環境保全地区に指定"

 

浄住寺は境内の全てが京都市の文化財環境保全地域に指定されており、青葉・紅葉などの自然豊かなお寺として、穴場の観光スポットとしても有名です。

境内敷地内で古よりのお茶が自然に育っています。

ゆっくり、自然を感じることのできるお寺です。

浄住寺の観音様

"聖観音"

 

お地蔵さん、お不動さんなどと並んで最も庶民信仰を集めてきたほとけさまが観音菩薩(または観世音菩薩、観自在菩薩)です。

救いを求めるものの姿に応じて千変万化(せんべんばんか)の相をとり、慈悲をもって人々の願いをかなえるほとけとされます。

一般的には現世利益のほとけですが、浄土教では現世だけでなく来世の救済にも利益があるとします。

勢至菩薩(せいしぼさつ)とともに阿弥陀如来の脇侍となる三尊形式も多く見られます。

千変万化相の代表例である「三十三身(さんじゅうさんじん)をもとに種々な変化観音が生まれたため、元々の変化しない一面二臂(いちめんにひ)の観音さまを聖観音(または正観音)とし、あらゆる観音の根本にいちづけることもあります。

"木根観音"

 

浄住寺の中興の祖、鋨牛禅師が記した「自然木根観音」にこう書かれています。
幼少の頃から観音菩薩を念持し、霊像を求めていた。

承慶三年(1654年)に渡来された隠元禅師に道友と共に拝謁し、長崎興福寺に掛錫(かしゃく)した。

明国では争乱に乗じて多くの仏像や経典が略奪され、それらが長崎の街で売られていた。
その中には塵土で汚れた癭木(こぶのある木)を見つけて手に捧げて歴覧すると、木根大士の像であった。
彫刻されたものではなく、色相天然であり、予は喜躍、感無量であった。
しかし、この像を求める資が無く、道友に天然木色の像の貴きを説き像を買入させた。
この大士像を見て笑う人がいた。

「仏像は信を生ずるを本とする。故に金仏・銅仏や金装・玉装され荘厳殊特であるべし。この木根何の取る所あるや」、それを聞いた道友は仏像を棄てた。

それを拾って、浄衣を換え、浄水で拭うと、相貌円明にして殊厳な尊像が現われ、この像を見た人は奇瞻した・・・・・。
と、あります。

黄檗研究者のみならず日本の文化、宗教、美術にほんの微小な興味のある方にとっても、本像の前に立つとその豊かな精神性に吸い込まれるような思いがします。

"白衣観音"

 
語源の「白い衣をまとう」という意味から、白衣観音と名づけられました。

インドで生まれた変化観音に対して、中国や日本でのみ信仰されてきた観音菩薩に三十三観音があります。

三十三に姿を変えて人々を救う菩薩とされている観音さまの「三十三:という数字にあわせて江戸時代にまとめられました。

白衣観音はその観音さまの一尊です。

また、阿弥陀如来の妻ともいわれています。

観音菩薩の母とも。

そのため女性的な表現をされることが多いです。

浄住寺の白衣観音は陶器。

一般的には蓮華座の上に座り、右手は与願印で、左手に蓮華を持つ形とされています。

浄住寺では、蓮華座の上に右足立膝、右手は手のひらを膝頭に置き、左手は経典を持っていらっしゃいます。

お顔は目を閉じて瞼くっきり、まるでマリアさま。

いつも優しく私たちを包んでくれます。

 

浄住寺の今

浄住寺は度重なる火災によって堂宇の数は減っていながらも、江戸時代にも整備され今なお葉室家の菩提寺として京都洛西に佇んでいます。

仏像や黄檗宗、皇族や公家、武家などの多くの寺宝を有し、当時の権威を偲ぶとともに洛西の自然を感じるスポットとして地域の方々に愛されるお寺となっています。

"住職からのメッセージ"

 

 

淨住寺は黄檗宗(おうばくしゅう)という禅宗のお寺です。簡単に歴史を紹介いたします。

 

弘仁元年(810)、嵯峨天皇の勅願寺として開創され、公家 葉室家の菩提寺として栄えました。

江戸時代に鉄牛禅師よって建てられた本堂、その後方の位牌堂、開山堂、寿塔など、黄檗宗寺院ならでは明朝様式に則った伽藍が階段状、縦一列に整然と並びます。

 

最奥に建つ「寿塔」は、「鬼神に奪われた釈迦の一本の歯が中国から日本に渡り、浄住寺に納められた」と『太平記』に記されたとおり、今も巨石を乗せた石窟の中に歯が納められていると伝えられています。

 

また、仙台藩4代藩主・伊達綱村が幼少期を過ごした屋敷を移築したと伝わる「方丈」には、有名な御家騒動「伊達騒動」で幼い綱村が命を狙われることもあったためか「武者隠し」があり、床の間の壁に設けられた穴から抜け出せる仕掛けが今も残っています。

 

いまご紹介した、どのお堂も築二百年以上を経過しており、当然の如く老朽化が著しく、本年より修復の寄進活動を行わざる得ない事態に直面しております。

 

また現代のいわゆる「お寺離れ」も宗門全体に拍車を掛けている状況で、ある書籍によると、およそ二十五年後には日本の寺院は現在の三分の二程度になってしまうとの推計があり、黄檗宗についても全寺院の二十二、六%が「消滅可能性寺院」との指摘があります。

当寺も決して安穏とはしていられない状況であり、この時世に淨住寺が存在する意味を見出す必要があります。

 

黄檗宗の規約(黄檗清規)の一部に「梵行すなわち清浄行は僧たる者の行。梵行を行わない僧、酒に酔い飽食する僧は、姿は僧でも真の僧ではない。」とあります。

 

法縁に出遭い、片田舎の在家より出家、開祖隠元禅師から綿々と続く法脈を守り後世に引き継ぐために、一度本来のあるべき姿に立ち返り、「お寺とはなにか、宗教とは何か」を、真剣に考えなければならない時期に来ているのかも知れません。

 

浄住寺には、お堂以外にも室町時代のものと思われる池泉式庭園や、狩野永岳筆の「雲龍図」の衝立など、みどころがたくさんございます。そして秋には真っ赤な紅葉が本堂までの石段をトンネル状に包み込み、11月から12月にかけて、一番の見ごろを迎えます。

 

ぜひ一度、足を運んでみてください。

淨住寺 七十五代住職 藤岡芝山

所在地 京都市西京区山田開町9
TEL075-381-6029
山号 葉室山
宗派 黄檗宗
本尊 釈迦如来坐像
創建 810年(大同5年、弘仁元年)
阪急電車「上桂」駅、徒歩約15分

市バス「苔寺」、徒歩約5分

Translate »