Slider

"葉室山淨住寺"

 

 

浄住寺は810年開創、嵯峨天皇の勅願寺として建てられました。

当時は「常住寺」と称していましたが、1261年(弘長元年)公卿葉室定嗣が中興し、浄住寺と改められた後、葉室家の菩提寺として栄えました。

 

"浄住寺の伝説"

 

葉室山浄住寺には、1つの伝説がありました。

お釈迦様の入滅の時、お釈迦様の歯を盗んだ鬼神がいたんだそう。

その歯が韋駄天によって日本の嵯峨天皇の下に届き、嵯峨天皇により、浄住寺に安置されたという伝説のあるお寺です。(「太平記巻の八」より)。

 

"江戸時代前期に復興"

 

応仁の乱などで焼失を繰り返しましたが、黄檗宗の祖・隠元禅師の孫弟子にあたる鉄牛禅師をお迎えして黄檗宗として1687年に葉室頼孝により黄檗禅道場の葉室山浄住寺として復興をおこない現在まで伝わっています。

 

"本堂と方丈"

 

本堂はその当時のものです。
また、方丈は伊達騒動の伊達綱村が使っていた江戸屋敷の一部が移築されました。

上の間には武者隠し、縁側は鶯張りと伊達騒動の名残りとして残っています。

"境内全域が京都市の文化財環境保全地区に指定"

 

浄住寺は境内の全てが京都市の文化財環境保全地域に指定されており、青葉・紅葉などの自然豊かなお寺として、穴場の観光スポットとしても有名です。

また、境内敷地内で古よりのお茶が自然に育っています。

ゆっくり、自然を感じることのできるお寺です。

"浄住寺の今"

 

浄住寺は度重なる火災によって堂宇の数は減っていながらも、江戸時代にも整備され今なお葉室家の菩提寺として京都洛西に佇んでいます。

仏像や黄檗宗、皇族や公家、武家などの多くの寺宝を有し、当時の権威を偲ぶとともに洛西の自然を感じるスポットとして地域の方々に愛されるお寺となっています。

所在地 京都市西京区山田開町9
TEL075-381-6029
山号 葉室山
宗派 黄檗宗
本尊 如意輪観音
創建 810年(大同5年、弘仁元年)
阪急電車「上桂」駅、徒歩約15分

市バス「苔寺」、徒歩約5分

 

Translate »