1. HOME
  2. 和のお話し
  3. 和のお話し
  4. 日本の七十二候「蓮始開」

日本の七十二候「蓮始開」

日本の七十二候「蓮始開」

こんにちは。

「蓮(はちす)咲くあたりの 風もかをりあひて 心の水を 澄ます池かな」藤原定家
蓮の花が咲き始めるころです。

ありがとうを世界中に
Arigato all over the World

 

蓮は「はちす」

むかしは「はちす」といいました。
中心が蜂の巣ににているからです。

「蓮根」以外にも、葉は包んだり盛ったりするのに使い、茎からは糸も採り若い実も食べられたそうです。
また、ほとんどすべての部分が薬用となるとか。
こんなに実用的なのに、花も蕾も、清らかな美しさをたたえています。
それらが泥の中から出てくるとは・・・

「泥より出でて泥に染まらず。」
葉にたまった水玉まできらきらと輝いています。
天上の花といわれるはずですね!

ありがとうございます

蓮、浄住寺の方丈の前にある池に見事に咲きます。
見ていると清々しい気持ちになることから、仏教では極楽浄土に咲く花とされ古くから慈しまれてきました。

ご存知でしたか、約1億4000万年前から地球上に存在していたとされています。
また、花言葉は「清らかな心」です。
多くの仏さまが蓮の上にいらっしゃるわけがよくわかりますね。

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

この星が笑顔あふれる毎日となりますように。
Hope there will be a smile everywhere, every day.
これからの子供たちに幸せな世の中となりますように
Wish the world will be full of happiness with children.

#ありがとうを世界中に
#ArigatoAllOverTheWorld

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事