1. HOME
  2. 和のお話し
  3. 和の徒然
  4. 「華倭里行燈」 鍛冶屋跡の古民家と金属の風合いを愉しむ

「華倭里行燈」 鍛冶屋跡の古民家と金属の風合いを愉しむ

華倭里(かわり)行燈 垣本麻希さん

こんにちは。
奈良三郷の里で明治40年に村の鍛冶屋として創業し、農家とともに支えあってきた垣本さん。 そのDNAを受継ぎ加工の方法は変わっても原点を忘れることなく、技術の研鑽と新たな感性に磨きをかけていくことで更なる道は拓けていきます。 その中から生まれた「華倭里行燈」。

行燈とは

今ではあたりまえに電気で明かりをとることができますが、その昔は、主にろうそくか油の日を照明としてきました。 その時、室内で使われていたのが行燈。 室外では灯籠や提灯がありましたね。 行燈はろうそくや油に浸した布に火をつけて利用しました。 室内で使いますので軽い木製のものが多く、火の回りは風よけの紙で覆われていました。 枕元に置いておける小さな行燈を有明行燈と呼んでました。

行燈の明るさは?

行燈の明るさはどのくらいだったのでしょうか? 一般的には豆電球くらいといわれています。 これは新聞がやっと読めるかなという程度。 しかし、この時代(江戸時代)は暗くて大変だったと心配する必要はありません。 江戸時代に残業などないし、読み物があれば昼間に読めばいいわけです。 一日の活動時間は日の出から日没まででした。 家の中で照明など不要だったのかもしれませんね。 行燈の明かりはやわらかくてとっても優しいです。 その行燈のもとで家族がお話しをしながらおやすみなさいと寝るまでの時間がとっても大切な時間だったのでしょうね。

ありがとうございます。

昔々、明かり、灯りはどうしてたのでしょうか。 50万年(かな?)前から火を使うようになったといわれていてます。 古代の灯りとして篝火があって松明もあったでしょう。 どちらも古代において夜道を照らしたり、神ごとに使われていました。 室町時代以降に行燈が生まれ、江戸時代に一般に普及しました。 そして現代は明かりがあふれています。 明かりと灯り。 日本人はどちらの「あかり」とも上手に付き合ってきました。 そして大切にしてきました。 それは自然とともに、そして大切にすごしてきたからではないでしょうか。 そんな時代が何千年も続いてきました。 現代は昔から比べたらありがたいことがいっぱい、それが当たり前になっています。 あらためて明かり一つでも「ありがたい」なと思える世の中になればいいですね。
今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 大切なものたくさんありますね。
]]>

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事