1. HOME
  2. 和のお話し
  3. 和の徒然
  4. 「晴れの日、キミと。」

「晴れの日、キミと。」

 

 

子供達の笑顔が私たちの笑顔!

 

とっても素敵なフォトブックに出合いました。

「晴れの日、キミと。」

東北753プロジェクトのフォトブックです。

 

 

和の心 20140903 晴の日

 

 

私がきものを習っている、三宅先生の京都着物ファッション協会とあざみ会が主催され、

株式会社スーパーポジティブと藤田ゆかりさんが企画・立案されました。

プロジェクトのお話は聞いてましたが、こんなに素晴らしいプロジェクトだったとは(知らずにすいません!)

 

 

和の心 20140903 子供集合1

 

 

—–はじまりのお話—–

2011.3.11 誰も予想できなかったあの大震災で、

多くの大人たちに守られた、多くの小さな命がありました。

 

その命はいま、より力強く、いっそうみずみずしく、健やかに成長しています。

 

小さな瞳に焼きついた悲しい景色、小さな胸に刻まれた大きな傷は、

誰にも消すことはできないけれど、

彼らや家族のために、新しい、楽しい思い出を作るお手伝いができたら。

そんな想いから、このプロジェクトクが立ち上がりました。

 

七五三は、その昔、疫病などで多くの子ども達が命を落とした時代に、

幼少期を生き抜いたわが子の無事を祝う、という意味もありました。

このプロジェクトを「七五三」にフォーカスしたのは、そのためです。

 

 

和の心 20140903 子供笑顔5人

 

 

あなたが生きていることが、あなたが元気に成長してくれることが、

日本のみんなにとって、どれほどの希望か。

 

その気持ちに伝えたくて、一緒にお祝いしたくて、

すこしおめかしをした子供達と、楽しい一日をすごせたら、と思いました。

 

そして、2013.1.30-31

本来の七五三の時期からは少しずれましたが、

南相馬市の青葉幼稚園、原町学園のびっこらん愛愛の方々とともに、

迎えることができた、みんなの「晴れの日」。

 

あの優しくて、かけがえのない時間を、写真集や映像として記録し、

ここにおとどけできることを心からうれしく、光栄に想います。

 

「晴れの日、キミと。」プロジェクトスタッフ一同」

 

 

和の心 20140903 子供全体写真

 

 

50を過ぎた私たちがこの先、何のために生きていくのかって

それはもちろん、子供達の幸せのため、笑顔のため、それしかないでしょ!

「私が」はもういいです。

「子供達のために」って生きていかなければ。

このプロジェクトを行われたみなさまは本当に素敵ですね。

 

「晴れの日、キミと。」のフォトブック。

是非、見てください。

子供達の笑顔と一緒に、私も笑顔になります。

無料だそうです。

でも送料はお願いしますね。

問合せ先:株式会社スーパーポジティブ 東京都渋谷区代々木5-67-3 藤田ゆかりさん宛

 

 

和の心 20140903 子供笑顔

 

 

]]>

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事