読みもの | 和の素敵
Slider

日本の素敵を世界へ発信する、
和のメディア

読みもの

一般的な『シンプル』の意味は?  成願義夫さんのお話し

  一般的な『シンプル』の意味は 一般的な『シンプル』の意味は「簡素、飾り気が無い、無駄をそぎ落とした合理性や実用性」を言いますが、19世紀のヨーロッパのアーティストやデザイナーが日本から学んだ『シンプル』は「一見簡素に見えるが、多くの要素を凝縮して成立させ、想像力を引き出す余白を残す」という、より高度な『シンプルの概念』です。このシンプルの概念は日本の様々な文化に共通する美意識です。茶の湯や華道、能狂言などの芸能、俳句などの文学、武道、果ては日本建築や枯山水の庭園、懐石などの日本料理にいたるまで、今なお多くの外国人が憧れ学びたがる日本の伝統文化の真髄その...

日本の夏の風物詩、大文字焼き(五山の送り火)って何?

日本の夏の風物詩、大文字焼き(五山の送り火)って何?
大きな山に、漢字で「大」という字が炎で描かれているのをテレビ等で見たことがある人も多いでしょう。この行事の俗称が「大文字焼き(だいもんじやき)」です。この大文字焼きとは一体何なのでしょうか?最も有名な京都の五山の送り火を中心にご紹介します。 大文字焼きの歴史 日本の夏の風物詩である大文字焼きですが、実はその起源や歴史、由来は今でも謎に包まれていて、明らかになっていないものも多く、特に京都の五山の送り火については謎が多いままとなっています。昭和など近年になってスタートしたものや、一部の古いものについては起源がわかっているものもありますが、京都の五山の送り火に関しては、日本に様...

お彼岸です 昔々からご先祖さまをお迎えしてました

  お盆 こんにちは。7月の黎明塾で「先祖のまつり」と題してお盆のことなどお話がありました。みなさまもご一緒に。お盆は旧暦七月十五日を中心とするもともとは祖霊をお祀りする日本古来の神道の行事です。お家のご先祖さまが精霊(しょうりょう)として帰ってくるのをお迎えし、手厚くもてなします。ところが、仏教を布教するため、日本古来の七月の祖霊祭に仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)を結びつけたために、現在では仏事であるかのように思われています。  先祖のまつり 日(ひ)の本(もと)に生(あ)れ出(い)でにし益人(ますひと)は 神...

大気はひとつだけ、地球はひとつだけ 本「残された時間」より

  残された時間 こんにちは。本日、73回目の終戦記念日を迎えました。先の大戦で犠牲となられたわが国ならびに全ての国の英霊に対し、謹んで哀悼の意を捧げます。そして、戦争など行われませんように。しかし、世界中ではまだまだ争いが絶えません。どうして人は争うことを終えられないのでしょうか。宗教的な争い、自我の争い、本当に醜いことです。この世の中、大きな流れが変わろうとしている今、争いごとがなくなりますことを心より祈ります。そして、現在、争いと同じように、多くの方を犠牲にしてしまう、自然の驚異・猛威。この自然...

自然は至善、善に至る  人は自然に生かされています

  自然の語りに耳を傾けて こんにちは。お盆の中日、のんびりした朝、ゆっくりと芦屋川沿いを川涼みする鳥たちを眺めながらてくてくと。豪雨のように荒れ狂うの濁流の日もあれば、「のんびり行こうぜ」と今日のような静かな流れ、自然はいつも語ってくれます。そんな自然の語りも気がつかないで過ごす現代。とってももったいないですね。自然を意識すると多くのことを学べるのに。今日はそんな自然の大切さを語っている藤原美津子さんのお話しより。  自然は至善 都会に住んでいると人工的なものに囲まれて、自然の息吹はほとんどありせんの...

お盆ですね、お供え物は何がいいのでしょうか

  お盆ですね、お供え物は何にしましょうか こんにちは。今日からお盆休みの会社がほとんどでしょうか。朝の電車もガラガラ、ゆっくり座ってこれました。いつもこうだといいなと、この時期勝手に思ってます(笑)。さて、お盆とは8月13日~16日(7月13日~16日の所もあります)の間、ご先祖様の御霊をお家へお迎えして供養する行事です。お帰りになられたご先祖様をおもてなしするためにお供え物をします。神道における「献上物」とは違いますね。お供え物は故人が大好きだったものをお供えするのが一番いいかもしれません。もちろん感謝の...

本「誰のために何のために あなたは生きますか」 著:藤原美津子さん

  「誰のために何のために あなたは生きますか」 この問いかけに、あなたはどう答えますか。それは自分自身のため、家族のため、目の前に与えられた仕事のためでしょうか。もっとありますね。今の時代のために、これからの未来を生きる人のために、そして日本人として生まれた事のためにも生きる、知恵と時間と力を使う・・・。今だけ切り取って、自分だけの世の中から切り離して生きるということは、そもそも出来ませんし、人は自分だけのために生きるように出来ていません。誰かの、何かの役に立つために、自分の力を使う、今までもちろんそうしてこられたでしょう。 ...

「水引」 そこには日本人のおもてなしの心がつまっています

  水引とは こんにちは、先日、金沢の知人より水引の結び方を教えていただきました。金沢ですから、加賀水引。結婚式やお祝い事の際のご祝儀袋などに結ばれている「水引」。美しく繊細な細工で形作られた飾り紐を、皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。加賀水引は、金沢市の希少伝統工芸として残り、 日本の伝統的なラッピングである水引の3つの基本「包む」「結ぶ」「筆字」を芸術の域にまで押し上げたものです。具体的に立体的な和紙の包み方(折型)、造形的な結び方(水引細工)、美しい筆字など 加賀百万石らしい美しく豪華絢爛な贈答品の梱包技術...

「ほんとうの和」とは 学ぶ機会はたくさん

  「ほんとうの和」とは こんにちは。ここ何年か「和」のことをいろいろ行ってきましたが、ほんとうの「和」とは何かなと考えていたときに、過去に書いた記事がありました。広田千悦子のご本に書かれていたお話です。改めて、癒されなるほどと。みなさんもご一緒に。 日本には古からの習慣や物事がありますが、それらに親しみ和文化の背景を理解しようと努めていくと、そこには共通するものがあることに気づきます。そこに共通するのは、人として大切にすべき芯はおさえつつも、個々それぞれに違う存在を認め合い、宇宙や自然など、大いなるものと...

月の神様を感じる  岡田能正さんのご本より

   月の神様を感じる こんにちは。先日、お世話になっております近江八幡市の賀茂神社の岡田能正禰宜さまの出版記念講演にお伺いしました。本名題名は「神社に行っても神様に守られない人 行かなくても守られる人」というご本です。なんと大胆な題名でしょうか。岡田さんも自ら述べていらっしゃいました。でも、本当にその通りだと思います。自分の都合の良い時だけ神社にお参りして神様にお願い事しても神様もお困りになられますよ。日々の生活の中で、いつも「神様ありがとうございます」とい思いを告げていたら、困ったときにも「はい...

「いのちを育む食卓」 辰巳芳子さんのお話し

  「いのちを育む食卓」 こんにちは。今週はじめに金沢に行ってきました。金沢の街中をゆっくり歩くことはなかったのですが、車でおちらこちら周って見える街並みが京都とはまた違った風情がたくさんあり、「ここも!あそこも!」って車を停めていってみたいところがたくさんありました。また、能登への海岸線には何万年もかかって日本海の荒波がつくり出した岩盤の景観がたくさん。そして美味しいおさかな。その金沢でお魚のフリーマガジン「Fのさかな」の中に、辰巳芳子さんの素敵なお話がありましたので、ここでご紹介させてください。  「食のわき...

中輪に細違い鷹の羽(ちゅうわにほそちがいたかのは)  家紋研究家 森本勇矢さん

【中輪に細違い鷹の羽(ちゅうわにほそちがいたかのは)】噂では今日はクリスマスイヴであるという。 久々に描いた鷹の羽をクリスマスっぽくカラーリング。 どうせなら、杉紋とか描いて、それにお飾りでも付ければ良かったか。 (2017年3月3日  Instagram投稿) 【彩紋】 https://facebook.com/yuya.morimoto.374/albums/997903450271317/?ref=bookmarks上絵一色、目返し三色、地色一色 #家紋 著書:日本家紋大辞典 ...

本 「神社に行っても神様に守られない人 行かなくても守られる人」

  「神社に行っても神様に守られない人 行かなくても神様に守られる人」 近江八幡市賀茂神社 禰宜 岡田能正さま:著 神社に来るだけですべての人の運気が上がり、仕事で成功し、宝くじに当たり、素敵な人と結婚できたら、世の中、どうなってしまうのでしょうか。「苦しい時の神頼み」と言いますが、今、私たちがこの言葉に感じる意味と本来の意味は違います。私たち日本人は昔から神様を身近に感じ、感謝し、手を合わせてきました。日々の暮らしが常に神様とともにあったため、苦しいときにはより一層、その大いなる力におすがりするのです。(中略)神社にお詣りに来る...
Translate »