和の文化 | 和の素敵
Slider

和の文化

100年の軌跡 – 百年日記 「内容説明」

https://youtu.be/KY5ASZqzFYs 私がいつもいっぱい教わる素敵な鈴木一弘さん(鈴木時代裂研究所 所長)が、「100年の軌跡 – 百年日記」をつくられました。100年間の日記を記入し、過去のことが時系列で理解できる画期的な日記帳です。 「100年の軌跡」好評販売中 100年の軌跡 – 百年日記 インタビュー① 100年の軌跡 – 百年日記 インタビュー② 100年の軌跡 – 百年日記 インタビュー③ ...

100年の軌跡 – 百年日記 – インタビュー③

https://youtu.be/vm02O8FXaW8 私がいつもいっぱい教わる素敵な鈴木一弘さん(鈴木時代裂研究所 所長)が、「100年の軌跡 – 百年日記」をつくられました。100年間の日記を記入し、過去のことが時系列で理解できる画期的な日記帳です。 「100年の軌跡」好評販売中  ―――いろんな方の使い方があると思いますが、こういう方に使ってもらえればというご提案はありますか?  結婚するする人たちに、自分たちの出会いから結婚、そして子供が生まれ、子供が成長し、子供も結婚…などの思い出が...

100年の軌跡 – 百年日記 – インタビュー②

https://youtu.be/uQim6bGWA8M  100年の軌跡 - 百年日記 - インタビュー②  私がいつもいっぱい教わる素敵な鈴木一弘さん(鈴木時代裂研究所 所長)が、「100年の軌跡 - 百年日記」をつくられました。100年間の日記を記入し、過去のことが時系列で理解できる画期的な日記帳です。 「100年の軌跡」好評販売中  ―――3種類ある時代裂について教えてください。  ◆格天井更紗(ごうてんじょうさらさ)この裂は、伊藤博文が所持していたものなの...

100年の軌跡 – 百年日記 – インタビュー①

https://youtu.be/ljT1dh4T6jw私がいつもいっぱい教わる素敵な鈴木一弘さん(鈴木時代裂研究所 所長)が、「100年の軌跡 - 百年日記」をつくられました。100年間の日記を記入し、過去のことが時系列で理解できる画期的な日記帳です。 「100年の軌跡」好評販売中  ―――どういう想いで100年の軌跡をつくられましたか?  それから、名物裂の話をすると茶の湯が出てきますが、松屋会記や天王寺屋会記などの茶会記が出てきます。その中でも松尾茶会記は115年間を3代に渡って書いています。 ...

女子大生8人の6日間⑥ 今日は染工房 夢祐斎でこうろ染のお話し

   今日は染工房 夢祐斎でこうろ染のお話し 女子大生8人の6日間⑥ 他では体験できない特別文化研修  こんにちは。今日の女子8人は嵐山の祐斎亭にお伺いしました。  幻の染め  祐斎さんの夢こうろ染(ゆめこうろぞめ)で染められた布は、太陽光に当たると色が変化します。墨色からワイン色へ。紺色から赤紫へといったように様々な彩りに顔を変えます。夢こうろ染(ゆめこうろぞめ)の源は、日本最高位の染「黄櫨染(こうろぜん)の御袍(ごほう)」にあります。平安時代初期の82...

金平糖のイボイボの数、いくつか知ってますか?

  金平糖のイボイボの数を知ってますか?  こんにちは。春分をすぎてから、気持ちのいい日が多いこと。お天気のいい日は縁側でのんびり。新緑を拝見しながらお茶を一服。和菓子もいいけど今日は金平糖。ポルトガルからきたお菓子ですよね。金平糖のイボイボの数がいくつか知ってますか?   信長も愛した金平糖  ポルトガルが日本に影響をおよぼしたもの、じつに多彩です。食文化も例外ではありません。ワインを最初に日本にもちこんだのも、ポルトガルの...

今日は、二十四節季の「穀雨(こくう)」

  今日は穀雨  こんにちは。今日は旧暦の3月4日、赤口(辛巳(かのとみ)今宵はかわいい三日月。穀雨とは、「春雨ふりて百穀を生化すればなり(はるさめふりてひゃっこくをせいかすればなり)」」天明七年の「暦便覧」の言葉よりきています。七十二候は、「葭始めて生ず(あしはじめてしょうず)」です。  穀雨(こくう)  田んぼや畑の準備もととのって、たくさんの穀物をうるおす、やわらかな春の雨がふる頃です。この季節の終わりには、夏のはじまりを告げる八十八夜が訪れます。(えっ!もう夏の話し・...

「当たり前」 何に当たるのでしょうね?

(「浮世風呂」より 式亭三馬編/北川美丸画)  「当たり前」って  こんにちは。私たちが日常なにげなく使っていることばの中には、ふと気がつくと、その由来がわからない語句がたくさんあります。生活に必要な語句の中にも、そのルーツを知りたいと思うことばがありませんか。今日は、「当たり前」についてルーツを探ってみたいと思います。何に当たるのでしょうね。  当たり前は「当然」という語がもとになっています。  「当然」は江戸時代には「当前」とも書きました。「当前」を訓読みするとアタリ...

和柄図案&着物デザイン教室  成願義夫さん  

京都デザインファクトリー代表 成願義夫さんのお話し   図柄に込められた『意味、謂れ』  図柄に込められた『意味、謂れ』は先人達からのメッセージ伝統文様の二つの型を継承する。その1『形』 その2『意味・謂れ』以下は意味、謂れの例です。  『貝桶』 平安時代より伝わる物合わせの遊技に「貝合わせ」がありますが、その貝を入れておく桶を模様化したものです。付属のひもなどを配した優美な古典文様の一つです。対になる貝を違えないところから夫婦和合の象徴として公家や大名家の嫁入り道具となり、婚礼行列の...

女子大生8人の6日間⑥ 今日は鈴木時代裂研究所で古代裂のお話し

  今日は鈴木時代裂研究所で古代裂のお話し 女子大生8人の6日間⑥ 他では体験できない特別文化研修鈴木時代裂研究所  鈴木時代裂研究所は400年程前の名物裂(中国から舶載された染織品)と古渡更紗(印度)等の染織品を初代 繁太郎、先代 一,当代一弘と三代に亘って収集、研究、復原をしています。名物裂・古渡更紗は大名や茶の湯の数寄者たちを魅了し、名物裂(茶入れの織物の袋裂)として大変珍重され、今も大切に遺されています。古渡更紗(木綿生地に染色している)も茶の湯の世界で珍重されていました。多くの芸術工芸は茶の湯との繋がりのお陰で...

漆器と茶の湯と懐石料理 至極の時間

  「櫻花の宴&横内ゼミ in 京都(浄住寺)」 漆器を豊かに生かす「光悦塾光琳会」主催  漆のパワーを最大限に生かし、日本伝統の技術で作られた「丈夫で美しい漆器」は、幸せな未来をつくる尊い「日本の財産」です。豊かな心と感性を育み、全ての命と美しい自然を守る、21世紀にふさわしい暮らしの文化です。この漆器を豊かに生かし、広めます(光悦塾光琳会 設立趣旨より) こんにちは。私の大好きな高橋さんが主宰する「漆器で日本を豊かにする「光琳会」」が、昨日、浄住寺で素敵な催しを開いてくださいました。...

「無」とは 「何もない」という意味ではないです。

    無になる 無=ゼロではなく、無限!  こんにちは。私は小さい時に、私はどうして生まれたの?どうして生きてるの?どうして、宇宙はあるの?どこまであるの?考えても答えなど出るはずもないのに、眠れない夜を過ごす日がありました。古事記で、最初に天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)が現れ、その後、高御産巣日神(たかみむすび)、神産巣日神(かみむすび)が現れ、すぐに姿を隠したと読んだときも、どうして現れたの?と、眠れなかったです。最近は「ビッグバン」、150億年前に起こった大爆発で宇宙ができたとか。  ...

喪服の色、昔、黒ではありませんでした

  喪服の色、昔、黒ではありませんでした 春は、色とりどり  こんにちは。春真っ盛りの今日この頃。浄住寺では、さまざまな色に出会います。桜のさくら色、新緑・若葉のみどり色、菜の花の黄色、トサミズキにドウザンツツジ・・・。色とりどりのこの季節、幸せですね。さて、色といえば、簡単そうで一番難しいのが「白」と「黒」今日は喪服を鑑みながら「白」と「黒」を少し学んでみましょう。喪服の色に、白黒をつける 昔、最初の喪服は「白」  人はみんな、いつか死にます。残された人々は悲しみにくれ...
Translate »