和の心 | 和の素敵 - Part 2
Slider

日本の素敵を世界へ発信する、
和のメディア

和の心

「流れる雲よ」演劇集団アトリエッジ 「今、日本はいい国ですか?」

(画像は昨年度のポスターです)  「流れる雲よ」 こんにちは。昨年「流れる雲よ」舞台を見に行けずに後日DVDで見ました。流れる涙。今年は先日、舞台を見ることができました。とまらない涙でした。舞台から発するメッセージ、本当に素晴らしかったです。大阪公演は来年になると思いますが、有志の皆さん(実行委員会)が主催されています。このことも素晴らしいことです。心に響き大切と感じるから皆さんお手伝いできるのでしょうね。一人でも多くの方に見てもらいたい、本当に素晴らしい作品です。これから今年の舞台のDV...

和の素敵な人たち  ことのは語り「木村悠方子さん」 「あたりまえ」と「ありがとう」

(写真:左から二人目が木村悠方子さん、創生神楽のみなさんと)  やさしいやさしい「木村悠方子(まさこ)さん」 こんにちは。今日、大変世話になっています篠原レイ子さんのお誘いでキムタクのママ、木村悠方子さんとご縁をいただきお話しを伺いました。木村悠方子さんは、「ことのは語り」として、講演で全国を回り、朗読会にも力を注いでいらっしゃいます。とっても優しい!かた。お話しがとってもわかりやすくて、人の生き方、使命などをちゃんとお話ししてくださいました。私にはとっても嬉しいお話し、多くの人にも聞いていただきたいお話しでした。&nb...

本「釈迦の教えは「感謝」だった」 世界で最初の「ありがとう」はお釈迦さま

   「苦」とは「思い通りにならないこと」 こんにちは。みななんはいろいろなことで悩んでいらっしゃいませんか。悩むということは、思い通りにいかないことですはないですか。釈迦は、思いどおりにいかないことを「苦」と言いました。だから「思いどおりにしよう」とするのをやめて、すべて受け入れてみてはいかがでしょうか。「受け容れる」と、誰のためでもない、もっとも得をするのは「自分」です。自分自身が楽になりますよ。 「ありがとう」と感謝しましょう 釈迦が言った「受け入れることで楽になる...

「皇室は祈りでありたい」皇后さまのお言葉

  「皇室は祈りでありたい」 こんにちは。平成最後の今年。来年には御世変わりが行われます。大きく時代が変わろうとしている今。大きく時代が変わらないといけない今。改めて日本人として、日本という国を知らないといけないと思います。もしかしたら世界を救える日本人のことを。是非ともこのYou Tubeをご覧ください。 https://youtu.be/2-C-cKqYPdY 日本のことを知ろうと思えば、天皇のことを知ることも大切です。皇紀2678年。125代目...

還暦を迎えて 人生とは、使命とは 「ありがとう」を大切に

  還暦を迎えて こんにちは。今日で60歳、還暦を迎えることができました。60年前に母と父の愛に包まれながらこの世に生を受け、今日まで無事に過ごすことができました。改めまして母と父に感謝申し上げます。本当にありがとうございます。これからも宜しくお願いしますね、そしていつまでも長生きしてください。  人生とは、使命とは 実は、義弟が17日に亡くなりました。今日はお通夜です。私と同じ年、8月31日に還暦を迎えるはずでした。彼のお父さん、義父も59歳で亡くなり。彼は還暦までは、できれば...

還暦とは何でしょうね 親父パワーがこの星を救います

  還暦とは こんにちは。明日で60歳、還暦を迎えます。還暦って、赤いちゃんちゃんこなど赤いものを来てお祝いしてもらう姿を思い浮かべますが、これは新たに生まれ変わることをお祝いして、赤ちゃんのつもりで赤いものを着るのですね。でも、どうして60年でお祝いをするのでしょうか。昔の人の60歳は確かに長寿。でも、今は、もっともっと長生きになり私もまだまだ年寄りのなかには入りたくないですよ。  60年で一回り  還暦とは、60年で干支が一回りして再び生まれた年の干支になることから、還暦といいます。 ...

大気はひとつだけ、地球はひとつだけ 本「残された時間」より

  残された時間 こんにちは。本日、73回目の終戦記念日を迎えました。先の大戦で犠牲となられたわが国ならびに全ての国の英霊に対し、謹んで哀悼の意を捧げます。そして、戦争など行われませんように。しかし、世界中ではまだまだ争いが絶えません。どうして人は争うことを終えられないのでしょうか。宗教的な争い、自我の争い、本当に醜いことです。この世の中、大きな流れが変わろうとしている今、争いごとがなくなりますことを心より祈ります。そして、現在、争いと同じように、多くの方を犠牲にしてしまう、自然の驚異・猛威。この自然...

自然は至善、善に至る  人は自然に生かされています

  自然の語りに耳を傾けて こんにちは。お盆の中日、のんびりした朝、ゆっくりと芦屋川沿いを川涼みする鳥たちを眺めながらてくてくと。豪雨のように荒れ狂うの濁流の日もあれば、「のんびり行こうぜ」と今日のような静かな流れ、自然はいつも語ってくれます。そんな自然の語りも気がつかないで過ごす現代。とってももったいないですね。自然を意識すると多くのことを学べるのに。今日はそんな自然の大切さを語っている藤原美津子さんのお話しより。  自然は至善 都会に住んでいると人工的なものに囲まれて、自然の息吹はほとんどありせんの...

「ほんとうの和」とは 学ぶ機会はたくさん

  「ほんとうの和」とは こんにちは。ここ何年か「和」のことをいろいろ行ってきましたが、ほんとうの「和」とは何かなと考えていたときに、過去に書いた記事がありました。広田千悦子のご本に書かれていたお話です。改めて、癒されなるほどと。みなさんもご一緒に。 日本には古からの習慣や物事がありますが、それらに親しみ和文化の背景を理解しようと努めていくと、そこには共通するものがあることに気づきます。そこに共通するのは、人として大切にすべき芯はおさえつつも、個々それぞれに違う存在を認め合い、宇宙や自然など、大いなるものと...

月の神様を感じる  岡田能正さんのご本より

   月の神様を感じる こんにちは。先日、お世話になっております近江八幡市の賀茂神社の岡田能正禰宜さまの出版記念講演にお伺いしました。本名題名は「神社に行っても神様に守られない人 行かなくても守られる人」というご本です。なんと大胆な題名でしょうか。岡田さんも自ら述べていらっしゃいました。でも、本当にその通りだと思います。自分の都合の良い時だけ神社にお参りして神様にお願い事しても神様もお困りになられますよ。日々の生活の中で、いつも「神様ありがとうございます」とい思いを告げていたら、困ったときにも「はい...

「いのちを育む食卓」 辰巳芳子さんのお話し

  「いのちを育む食卓」 こんにちは。今週はじめに金沢に行ってきました。金沢の街中をゆっくり歩くことはなかったのですが、車でおちらこちら周って見える街並みが京都とはまた違った風情がたくさんあり、「ここも!あそこも!」って車を停めていってみたいところがたくさんありました。また、能登への海岸線には何万年もかかって日本海の荒波がつくり出した岩盤の景観がたくさん。そして美味しいおさかな。その金沢でお魚のフリーマガジン「Fのさかな」の中に、辰巳芳子さんの素敵なお話がありましたので、ここでご紹介させてください。  「食のわき...

本 「神社に行っても神様に守られない人 行かなくても守られる人」

  「神社に行っても神様に守られない人 行かなくても神様に守られる人」 近江八幡市賀茂神社 禰宜 岡田能正さま:著 神社に来るだけですべての人の運気が上がり、仕事で成功し、宝くじに当たり、素敵な人と結婚できたら、世の中、どうなってしまうのでしょうか。「苦しい時の神頼み」と言いますが、今、私たちがこの言葉に感じる意味と本来の意味は違います。私たち日本人は昔から神様を身近に感じ、感謝し、手を合わせてきました。日々の暮らしが常に神様とともにあったため、苦しいときにはより一層、その大いなる力におすがりするのです。(中略)神社にお詣りに来る...

今日から葉月。 還暦を前に

  還暦って?いろいろと考えてしまう こんにちは。今日から葉月、私の生まれ月。暑い暑い、大好きな月。そして、今年の私は19日に還暦になります。毎年の葉月と違った思いで朔日を迎えました。 写真、可愛い!(自分でいうな)母と一緒。一番の幸せな時間ですね。  なんか最近いろいろ考えてしまいます。いろいろなことが起こるからかな。還暦を前にしてるからかな。 還暦ってなんでしょうね。どのように生きていけばいいのかなと、...
Translate »