読みもの | 和の素敵 - Part 161
Slider

日本の素敵を世界へ発信する、
和のメディア

読みもの

春のお彼岸とぼた餅

(絵:葛飾北斎 牡丹に蝶)  春のお彼岸とぼた餅 こんにちは。春分と秋分の前後三日の七日間を「お彼岸」といいますね。先祖を供養するためにお墓参りをしたり、仏壇にお供え物をしたりします。お彼岸が近づくと、あちらこちらで仏花を大切そうに抱えて歩くご年配の人たちの姿を見かけます。亡くなられた人を大切に思う気持ちが歩く姿にじんわりと表れているようで、こちらの胸までおだやかに温められていくような気がしますね。日本独自の行事ですが、四季の移り変わりがはっきりしている国ならではの風習なのかもしれません。  「ぼた餅」と...

生駒 高山の「茶筅」をご存知ですか

  生駒 高山の「茶筅」をご存知ですか こんにちは。茶筅の90%が、生駒高山で生産されているってご存知でしたか? 先日、事務所に畳ひいて簡易ですが茶の湯ができるようにしようよって話していたら、「知ってるか、茶筅は生駒高山で90%は作られてるんだぞ」って教えてもらいました。茶筅は室町時代、鷹山城主大煩介源頼秀の弟の民部丞入道宗砌(そうぜい)によって創作されたと伝えられています。宗砌は親密な交際のあった、茶道の祖、奈良称名寺の村田珠光が茶の葉を粉末にして飲むことを考案し、親交のあった宗砌に依頼したといいます。依頼を受け...

もうすぐ京都の春の「をどり」どす!

  京都の春の「をどり」 こんにちは。京都、春を告げる「をどり」の始まりは「北野をどり」からですね。(3月25日から)京都には「祇園甲部」「宮川町」「上七軒」「先斗町」「祇園東」と五つの花街があります。(「祇園東」は秋のをどりのみです。)それぞれ「をどり」の歴史は違いますが、粋であり絢爛豪華。出来るなら、五つの花街の踊りをすべて見てみたいものです!  北野をどり  「北野をどり」(花柳流)ですが、京都最古の花街として知られる上七軒。芸・舞妓は少数精鋭、通好みの舞台として定評があります。...

日本の七十二候 「菜虫化蝶」(なむしちょうとなる)

   日本の七十二候「菜虫化蝶」(なむしちょうとなる) こんにちは。菜の花畑に紋白蝶が飛びかう光景。愛おしいですね。春ですよ、春! 青虫が羽化して、紋白蝶になる時期です。「菜虫」は菜を食べる虫ということで、青虫、つまり紋白蝶の幼虫をさします。幼虫から蛹になり、成虫になってはばたくまで、劇的に姿を変えていく蝶。「夢見鳥」「夢虫」などの異名を持っています。紋白蝶のほかにも、色とりどりの種類の蝶が舞い始める季節。どの蝶も夢を見ながら飛んでいるようですね。 ...

行ってみたい「猪目洞窟」(いのめどうくつ)

現世から黄泉への入り口 こんにちは。現世から黄泉への入り口「黄泉の穴」と伝えられる「猪目洞窟」 天井から水滴がしたたり落ち、波の音だけが洞窟に響き渡ります。日本海に面した断崖絶壁に、不気味に口をあけているのが猪目洞窟です。「黄泉の国は海の向こうの暗黒の世界。二つの世界が接する黄泉の穴は人を寄せ付けない場所だった」(藤岡大拙先生)発見は偶然だったそうで、昭和二十二年、船着き場を整備するため土を掘り下げると、なんと、ポッカリと洞窟の穴が開いたそうです。弥生時代から古墳時代の人骨が20本近く見つかり、木の棺や貝のブレスレット...

本「日本人が世界に誇れる33のこと」 感謝の言葉が豊かな日本人

  日本人が世界に誇れる33のこと  著:ルース・シャーマン・白石さん 日本でビジネスの第一線で活躍する、ハワイ生まれ 日本人にとってはあまりにも当たり前のことが、世界からみたら素晴らしいことがたくさんあるんですね。でも、その素晴らしいことが、現代において、捨てられてしまいそうなことがたくさんありそうです。あらためて日本人の素晴らしさを、この本を通じて感じてみませんか。本の最初に書かれている「感謝の言葉が豊かな日本人」、ここから「へー、そうなんだ」って感じますよ。先ずは一読あれ!&nb...

日本の美徳の一つ「霊性の高さ」

  日本の美徳の一つ「霊性の高さ」 こんにちは。七十二候で「桃始笑(ももはじめてさく)」ころ。桃のつぼみが開き、花が咲き始める頃。昔は“咲く”という言葉を“笑う”と表現したそうです。ゆっくりと開いていく桃の花は、ほほ笑んでいるようにも見えます。「お笑い神事」を年末に行っていらっしゃる、私の大好きな、大阪 枚岡神社 中東弘宮司のお話からです。  正直さ、明るさ、助け合う精神  日本の美徳の一つとしてあげられるのが霊性の高さです。すなわち、正直さ、明るさ、助け合う精神、感謝の心といったもの...

「おくどさん」 ご存知ですか?

   「おくどさん」 ご存知ですか? こんにちは。「おくどさん」と聞いて何かわかりますか?「おくどさん」って、京都などでは、竈(かまど)そのものを意味するんですね。関西では「へっつい」と呼ばれることが多いです。 衣食住の食生活する一番大切な場所として竈(かまど)があり、土間で煮炊きする所です。竃、見たこと、使ったことありますか。都会の人たちは、もう見ることないでしょうね。そういえば、田舎のおばあちゃんの所にあった、って覚えてる人も少ないかな。 &n...

「扇子」とは? 日本のオリジナルですよ

(写真:京扇子 大西常商店さまより)  扇子は日本オリジナル こんにちは。夏の暑い日だけでなく、色々な形で使われている扇子。今日は、その扇子について。 昔から使われてきた扇子は、実は日本人が考え出した便利グッズなんです。中国で発明された団扇が日本に伝わってきてから100年くらいの間に、折りたたんで携帯しても便利に使えるように団扇をもとにして作られたものです。平安時代より昔に発明されたといわれている扇子ですが、一番初めに作られたタイプのものは、同じような厚さと幅に切った木を扇形にひろげることができるように穴を開け...

出雲大社の平成の大遷宮は5月10日です

(写真:「しまね観光ナビ」さんより)  出雲大社 平成の大遷宮 出雲大社の平成の大遷宮を、日時は2013年5月10日です。5月12日~6月9日まで、神楽や能、狂言、雅楽などの伝統芸能を中心にいろいろと計画されています。マーク・エステルさんは、5月31日に「絵と音と舞のコンサート(出雲に捧ぐ)」で映像を提供されます。 31日に一緒に行きませんか! さて、今まで出雲大社と伊勢神宮の遷宮が重なったことはないと言われています。それが初めて2013年に重なるのです。そこには何か重要な意味が隠されているように思いませんか...

和の素敵な人たち  京扇子「大西常商店」

  京扇子「大西常商店」 昨日、素敵なご縁をいただきました。京扇子の大西常商店のおかみさんとご縁をいただきました。本当に、ありがとうございました。 昭和のはじめに創業して以来、「和の伝統」と「大人の粋」にこだわった扇子をつくりつづけていらっしゃいます。昔ながらの京町屋の趣を残す商家。店内に入ると、そこは、なんと和むことでしょうか!古都の雅を描き出すオリジナル扇子、厳選された美しい扇子が、私たちを華やかに彩ってくれました。 一つの扇子をつくるにも、その工程に熟練の技術を持つせんもんの...

和の素敵な人たち  江戸しぐさ「山内あやりさん」

(写真:山内あやりさんのブログより「傘かしげ」)  江戸しぐさ 山内あやりさんNPO法人江戸しぐさ理事。ラジオパーソナリティー、ナレーター。メディア出演を中心に講演、執筆活動をおこない、口伝で継承された正統な「江戸しぐさ」を通じて日本人の精神文化を現在に伝えています。 「江戸しぐさ」は、昭和49年に故・芝三光氏によって命名されました。昭和30、40年代頃より提唱されてきた「江戸しぐさ」の基礎は、江戸時代のとりわけ商人を中心とした庶民の考え方と行動様式を指標にしていて、今をよりよく生きるための行動哲...

和の素敵な人たち  風呂敷文化研究家「つつみ純子さん」

つつみ純子さん ふろしき道 日本の生活の中で育まれてきた和の心を、ふろしきからお伝えしております。“ふろしき”を通じて、日本人の生き方やしぐさ、しつらい、食、文化などを伝える活動をおこなっています。国際文化交流基金からポーランド、グルジア、イスラエルに派遣され、文化交流の一翼を担われていらっしゃいます。 「ふろしき」とはふろしきは、包み方や結び方を変えることで、何でも包んでしまいます。 ふろしきで運ぶことも、まとうことも、隠すことも出来ます。 ふろしきをかけておくだけで、埃よけや美しく見せることができます。ふろ...
Translate »