仏像 | 和の素敵
Slider

日本の素敵を世界へ発信する、
和のメディア

仏像

蓮の蕚(うてな)蓮台の事をいいます  松久佳遊さん「祈りの世界」より

  蓮の蕚(うてな) 蓮台の事を指すのですね。 阿弥陀さまの両脇に観音菩薩と勢至菩薩がついておられます。 来迎の阿弥陀さま、いわゆる死者を迎えに来てくださるシチュエーションというか。 この場合の観音菩薩は、両手に蓮を持っているのですね。この蓮のうてなに死者のタマシイを乗せて浄土へと連れて行ってくれるらしいです。仏画では、阿弥陀さまは二十五菩薩と共に雲に乗って来られる様を描いたのがよく見かけます。それぞれに楽器を持ってたり、踊っていたりして楽しそうな菩薩さまたちに囲まれています。 阿弥陀さまの側には必ず蓮を持って観音さまが従ってられますね。 ...

仏さまが持つ剣「利剣と宝剣」  松久佳遊さん「祈りの世界」より

  利剣(りけん)と宝剣(ほうけん) 仏さまで、よく持たれてるものに剣があります。 剣には利剣と宝剣があります。剣先に特徴があってシャープな感じのものと ふっくらと丸みを持たせたものとがあります。前者が利剣、後者が宝剣。説明に、利剣は降魔の思想を表示し、宝剣は自らの魔(煩悩)を倒す意味を持つ、と書いてありました…チョットムツカシイ。利剣は智門の諸尊に、宝剣は悲門の諸尊に、ともあります。なるほど、だからお不動さまは宝剣なのですね。というわけで持物はそれぞれ意味があるのでテキトーにしてはいけないんですね。ちなみに智門...

「開眼」 いちばん緊張する場面  松久佳遊さん「祈りの世界」より

  開 眼 仏さまの仕上げに開眼をします。おそらく制作過程でいちばん緊張する場面でしょうか。見てるほうもね。木地の仕上げであっても、彩色や截金、金箔の仕上げであっても最後に髪の色をぬって、さあ、開眼なんですね。眉毛と上瞼のライン、白眼と瞳、唇に朱をいれます。必要に応じてお髭もいれます。玉眼という目の部分にガラスの目を嵌める場合は内側から瞳を描き入れます。白眼には白い綿を使うのですよ。昔ながらのやり方です。いづれもなかなか難関なのです。如来や菩薩の綺麗な山形の眉もあれば、 お不動さまなど粗々し...

「彩色」昔はどんなだったのでしょうね  松久佳遊さん「祈りの世界」より

  むかしの彩色 むかしの彩色はどんなだったのでしょう?どんな材料をつかって、どのような手順でやったのでしょう?古いものを直に見て自分の持てる知識と教えていただいたり、文献を読んだりして得た情報から当てはまるものを集めて推測します。 端っこにほんの少しでも鮮やかな絵の具や装飾がみつかれば、それを手掛かりに、推測していけますね。時代は違えど同じ人間が拵えるワケだし、当時の材に彫刻をして彩色するとしたらどんなふうと分かる部分は沢山あります。天然の素材は時代が流れても手に入りさえすれば使うことが出来るのですね。コレが今でも結構手に入るの...

「仏の特徴 三十二相」 白毫・螺髪・肉髻

  白毫 こんにちは。12日に蘇りお戻りになられた浄住寺のご本尊。 「釈迦牟尼仏坐像」、お釈迦さまがお座りになっている姿です。 このお釈迦さまのひたいの真ん中にあるものをご存知ですか。 白毫(びゃくごう)といいます。白毫は巻き毛をあらわしたもので、仏の知恵をしめし光を放って人々を救ってくださります。 白毫があるのはお釈迦さま、観音さま、如来さま、菩薩さまで四天王や不動明王にはありません。 これはお釈迦さまの特徴「三十二の完全な偉人の相」の一つで、ブッタ自身にも同じ特徴があったといわれます。眉間にある白毫、いわゆる「第三の目」ですよね。 ...

十二神将の役割・由来・見られる寺院まとめ

悟りを開いた薬師如来の仏像は、柔和な表情で私たちに教えを説いてくれます。その薬師如来を取り囲み、凄まじい形相で周囲を威嚇しているのが、所謂「十二神将」です。彼らは薬師如来専属の12人の護衛隊です。それでは十二神将の役割についてお話しましょう。 十二神将の由来・役割 十二神将を一言で言えば、薬師如来専属のガードマンです。起源は、仏教発祥の地であるインドで古来より信仰されてきた霊や武器などを神格化したものだと言われています。彼らはもともと夜叉(インドの神話に登場する鬼神)でしたが、仏の真理に降伏して仏を守るようになったとされています。悟りを開くために苦行を重ねる薬師如来に襲...

普賢菩薩の役割・由来・見られる寺院まとめ

普賢菩薩
女性を守護する菩薩として有名な普賢菩薩。観音菩薩や地蔵菩薩のように広く知られた菩薩ではないものの、普賢菩薩は釈迦如来と共に祀られていることが多いので、私たちは案外目にしたことがあるかもしれません。今回は、普賢菩薩についてまとめてみました。 普賢菩薩の由来・役割 普賢菩薩はサンスクリット語で「サマンタバドラ」といい、訳すと「普く賢い者」という意味があります。つまり、世界に普く現れ仏の理知と慈悲を顕して人々を救う賢者である事を表します。菩薩とは「悟りに至るため修行中の者」、もしくは「既に悟りに至る力が備わっているが成仏せずに仏の補助を買って出る者」で、普賢菩薩は...

五智如来の役割・由来・見られる寺院まとめ

密教は、数ある宗派の中でも難易度が高いと言われています。その為、言葉や書物ではなく曼荼羅に代表されるような、教えの具現化や視覚化によって伝えられます。密教の最高峰にある大日如来の5つの智慧を、仏像によって表現したものが五智如来になります。 五智如来の役割・由来 五智如来は、大日如来に備わる5つの智慧(物事の真理を正しく理解し、見抜く力)を表す5体の仏像をセットにした呼び方で、五仏とも言われています。中心には大日如来が座し、向かって左から阿閦如来、阿弥陀如来と続き、大日如来の右隣に宝生如来、 そして右端に不空成就如来が並びます。上記の五智如来は金剛界の五仏です。胎蔵界の五仏は...

地蔵菩薩の役割・由来・見られる寺院まとめ

お寺、墓地、道端など様々な場所でお見かけするお地蔵さん。正式には「地蔵菩薩」といいます。昔話でもお馴染みの存在ですので、日本人に最も認知されている菩薩といっても過言ではありません。今回はそんな「地蔵菩薩」について詳しくご説明します。 地蔵菩薩の由来・役割 地蔵菩薩はインドの古典言語(サンスクリット語)でクシティ・ガルバといいます。クシティは「大地」、ガルバは「胎内」を意味し、意訳すると「地蔵」となります。全ての命を育み、恵みを与えてくれる大地の母の様な大慈悲で人々を救済する仏様なのです。釈迦如来がこの世を去り、後継者の弥勒菩薩が如来となって現世に現れるまで仏がいない期間が5...

阿閦如来の役割・由来・見られる寺院まとめ

「阿閦如来」と書いて「あしゅくにょらい」と読みます。見慣れない漢字で読み方も難しいですし、あまり知名度は高くありません。阿閦如来は、物事に動じず迷いに打ち勝つ心、意志の強さを授けて下さる仏様です。阿閦如来について、詳しくお話ししましょう。 阿閦如来の由来・役割 阿閦如来は、密教が考える金剛界と胎蔵界という二つの世界のうち、金剛界の大日如来が持つ五つの智慧を具現化した「五智如来」の内の一尊です。金剛曼荼羅で言えば、大日如来の下に配置されます。五智如来は、大日、阿閦、宝生、阿弥陀、不空成就の5つを指しています。密教の教えはなかなか難しいため、言葉での説明ではなく...

聖観音菩薩の役割・由来・見られる寺院まとめ

「観音さま」の呼び名で親しまれる観音菩薩には、千手観音菩薩や十一面観音菩薩など様々な種類があります。その中でも基本となる原型の観音さまが「聖観音菩薩」です。聖観音菩薩の役割や由来、ご利益、像容などを順に見ていきましょう。 聖観音菩薩の由来・役割 仏像にはグループごとにランクが設定されており、「菩薩」グループは「如来」グループの次にランクの高い位置づけとされています。如来は既に悟りを開いた仏であり、一方、菩薩はまだ悟りには至らず修行中の立場であります。菩薩は、修行を行うと同時に世の人々の救済も行います。そうしたことから、我々にとって菩薩は、如来より身近な存在の仏像ということに...

出山釈迦とお地蔵さん  最近一番びっくりしたこと③

  出山釈迦とお地蔵さん 浄住寺の釈迦牟尼像のお話の続きなのですが、お預かりした仏像は実はあと二体あります。本尊 釈迦牟尼像のお厨子が安置されてた須弥壇上には 脇の隠れたスペースに無造作に片付けられた仏さまが二体ありました。ずいぶん痛んでるようです。この際なので、片付けも兼ねて全て須弥壇から降ろしたところ これまた珍しい仏さま、そしてお地蔵さまがおられたんです。  珍しいというのは、本尊よりも小ぶりのお釈迦さまの事なんです。いわゆる出山の釈迦と言われるカタチです。修行し痩せてぼ...

「紺地金泥」ご本尊の中から巻物  最近一番びっくりしたこと ②

  なんと!ご本尊の中から出てきた巻物に・・・ こんにちは。浄住寺のご本尊の胎内から巻物が・・・。巻物に何が書かれているのでしょうね。巻物を取り出してから三日後、関係者が集り、ご開帳。さて、何が書かれているのでしょうね?今日も、松久宗淋佛所の松久佳遊さんのブログより。  https://youtu.be/5mfywO-bYy8 何が出てきたか? つづきです。(前回はこちら)で、何が出てきたか。巻物が4点と、何やら包みがひとつ入ってました。外側を裂地で仕立てた巻物...
Translate »