おみくじで「凶」がでたらどうしますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

おみくじ

 

おみくじはカミサマのご託宣。

カミサマの意見であり、忠告のようなものです。

 

神社へのお参りは非日常であり、カミサマとの対話です。

非日常とは、日常がケであるとすれば、日常と区別する意味でハレの日でもあります。

ですから、その特別な時間に引いたおみくじは大切に扱うべきのもの。

吉凶に一喜一憂するのではなく、きれいに折りたたんで財布の中などに入れておきましょう。

 

和の素敵 2013.10.24 おみくじ

 

凶がでたら

とくに凶のおみくじは、カミサマからの戒めとしてありがたく受け入れるべきです。

結んで帰るなんてもったいない。

今、用心すべきことが書かれているかもしれません。

ですから、じっくりと向き合う。

 

気づきがあればしめたものですね。

気づくか気づかないかで、物事は大きく変化します。

気づきがあれば、カミサマとの対話ができたも同然です。

おみくじは吉凶の違い、当たる、当たらないではなく、自分への戒めとして謙虚に文字を読み返しましょう。

そして次に神社へ行った折、お礼とともに納札所へ納めるか、社務所に「お焚き上げ」をお願いして、お渡しするといいですね。
(文:日本人が大切にしたいうつくしい暮らし)

 

ありがとうございます。

 

「気づき」ってありあますか?

おみくじに限ったことではないですね、日々の中でいくつもの気づきがあるはずです。

それらはきっとカミサマのお言葉なんでしょうね。

気づいていらっしゃいますか?

気づかれたら、一言、「ありがとうございます」って。

(旧文2013.10.23 再編集)

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »