綺麗な漢字と聞いて思い浮かぶのはこの文字!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

綺麗な漢字と聞いて思い浮かぶのはこの文字!

綺麗な漢字は日本にたくさんあります。中でも「この文字は美しい!」と思うものがありますよね。それはどのような漢字なのかについて考えていきましょう。

「麗」

麗人や麗女、麗容などに使われる文字です。レイとうるわしい、そしてうららかと読みます。
美しさをすぐに連想させる文字ですよね。容姿端麗などについてもこの文字が使われています。

美しいだけではなくて、華やかで明るい印象も人に与えるのがこの「麗」という漢字。
他にも連なる、そろい、かず、など様々な意味のあるのです。
麗の下にある鹿は動物のシカを意味しています。生えている角を表しているのが上の文字です。

鹿の角は本来一対で連なっているもの。これが綺麗に揃っているため、この漢字は美しいという意味を持つようになりました。
うららかとは、空が明るくて晴れている様子を言います。これと共に声が朗らかで美しいことも意味していますので、人から見て魅力のあるものの意味を兼ね備えている漢字なのです。

「美」

女の子の名前で使われることが多い「美」ですが、この名前が付くだけでとても綺麗なイメージがありますよね。
うつくしい、よい、だけではなくて、意味としてはおいしい、立派、褒めるなどのものもあります。

幅広く様々な良い意味を持つ漢字でもあるため、子供の名前に付けたいと思う親が多いのでしょう。
「美」は、羊と大を合わせて出来ています。羊は動物の羊のことで、大は人が両手を広げている様子を描いているため、ゆったりしている意味があるのです。

古代の中国では羊は最も大切な家畜だったので、立派で美しい羊がとても貴重だったのです。ここから連想されていき「美」の漢字が生まれました。

「雅」

この漢字からは、優雅で美しいイメージを持つ人が多いでしょう。気品のある雰囲気もしますよね。
みやび、みやびやか、常に、正しい音楽、など幅広い意味を持つ漢字です。
あでやか みやびやか などの意味を持つとても美しい漢字の「雅」は、元はカラスを意味しています。

鳥を表す字とカラスの鳴き声を表す字が組み合わさって、雅になっているのです。
なぜカラスを表す漢字が、みやびやかと言われるようになったのかは、中国の詩経に由来しています。

ここで詠まれる詩を「大雅や小雅」と記していて、「が」の響きに「雅」の文字を当てました。
そして「雅」はカラスの意味ではなくて、「貴族社会の宴会風景」を意味するようになったのです。

「優」

優しい、優良などに使われている普段から見慣れている漢字の「優」。とても前向きなイメージがありますよね。
名前にもよく付けられています。男女ともにこの漢字を使った名前の人はとても多いと言えるでしょう。

穏やか、豊か、まさるなどのような良い意味を持つ漢字です。元は、憂の文字が持つ「心配する、悩む」が関係しています。
これに「にんべん」を組み合わせているので、隣に人が寄り添い気持ちを穏やかにさせてあげるという意味につながるのです。

「愛」

女の子の名前で使われることが多い漢字です。とても人気のある漢字と言えるでしょう。
いつくしむ、したしむ、好む、めでる、などの意味を持ちます。

愛と聞くと、人類愛のように思う人もいるでしょう。これは、愛という漢字が持つ「慕う心」や「いつくしみ」が関係しているのです。
人を愛する気持ちには、強さも一緒に想像できるもの。この文字自体がとても綺麗なので、「愛」一文字の女の子の名前もとても多いですよね。

 

綺麗な漢字には、まだまだ種類があります。普段何気なく使っている漢字には様々な意味がありますので、一度気になる文字については深く調べてみるといいですね。
自分の名前に使われている漢字にも、今までに知らなかった深い意味があるかもしれません。

 

色の漢字には意味がある。その意味について
綺麗な漢字といえばあなたはどの字が浮かびますか?
漢字には日本の文化がいっぱい。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »