独楽(こま)の歴史~昔ながらのおもちゃ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

独楽(こま)の歴史~昔ながらのおもちゃ~

 

現代でも、昔ながらのお正月の遊びとして馴染みのある独楽(こま)。

くるくると回る姿は大人でも見ていて飽きないものです。

独楽は大変歴史が深く、私たち日本人にとっても親しみのあるおもちゃです。

独楽の歴史を振り返り、その奥深さを探ってみましょう。

 

世界の独楽の歴史

 

独楽の歴史はなんと4000年にも及びます。

現在確認されている世界最古の独楽は、エジプトの遺跡で発見された紀元前2000~1400年のものです。

木を削って、円錐を逆さにしたような形、軸に胴体があり指でひねって回す、所謂「ひねり独楽」と呼ばれる形状です。

また、古代ギリシャでは独楽を回す男女の姿が陶器に描かれており、世界各地で独楽が作られては人々がその遊びに興じていたようです。

しかしながら、独楽発祥の地は諸説あり、エジプト説、インド説、中国説、東南アジア説など様々です。

独楽はどこかから世界へ伝播したのではなく、恐らく物が落ちた時、自然発生的にくるくると回る様子を見て、古代人も興味をもち独楽を作ったのだろうという、自然発生説なるものが有力とされています。

 

日本の独楽の歴史〜平安時代〜

 

日本最古の独楽は平安遷都前の藤原京跡(7世紀)から出土したものと言われています。

その後も、平安京跡、千葉地遺跡、金沢市の穴水遺跡、神奈川県鎌倉市米町遺跡など日本各地で独楽が発見されています。

日本の文献の中で初めて独楽が現れたのは、平安時代初期の「倭名類聚抄」です。

独楽は「こまつむぐり」「こまつぐり」と呼ばれ、この書物の中では「古末都玖利」と表記されています。

「こま」と呼ぶのは中国大陸から高麗を経て日本に伝わったことに由来するといわれており、高麗を「こま」と呼んだことからつけられたのではないかと推察されています。

「つむぐり」の「つむ」は「回転する」、「ぐり」は小石を意味する古語からきています。

今でも、独楽のことを岩手県では「ずぐりこ」、新潟県では「すんぐり」、青森では「ずぐり」と呼んでおり、その歴史を感じさせます。

平安時代には中国から唐独楽(鳴り独楽)が伝来したと言われています。

唐独楽は、回ると風が入って音が鳴る仕掛けになっており、貴族の遊びとしてその種類を増やしていったようです。

この頃の宮中で女官たちが遊んでいた独楽遊びが、後々の京都の伝統工芸品「京独楽」の起源だとも言われています。

 

日本の独楽の歴史〜江戸時代以降〜

 

そんな貴族の大人の遊びだった独楽ですが、元禄元年頃の江戸時代には、庶民の間にも広まっていきます。

江戸時代の独楽は、鞭や紐で叩いて回す「むち独楽」でした。

その後、穴のあいたお金を重ねて作った「銭独楽」が登場し、独楽を回して寿命(独楽が回っている時間)を競う遊びが流行りました。

さらに時代が進むと、木製の独楽に鉄輪をはめた「鉄胴独楽」が生まれ、独楽を激しくあてて競うようになっていったと言われています。

明治時代には、ブリキで作られた独楽が登場し、後々のベーゴマに繋がっていきます。

そして、独楽にひもを巻きつけて投げる「投げ独楽」が主流となり、昭和の中ごろまでは子どもの代表的なおもちゃとしてその存在を確立していきます。

しかし、時代が進みTVゲームが普及して子どもたちの遊びが室内へと移行すると、独楽遊びはしだいに廃れ、一時のベイブレードブームを経て、今ではすっかり昔の遊びとして子どもたちに認知されているようです。

 

最後に

 

独楽は漢字で「独りで楽しむ」と書きます。

恐らく、独楽が広まったときは独りでも、その回る姿を見て楽しめたのでしょう。

時代とともに相手があっての独楽の楽しみ方が広がっていったのは、単純な遊びでありながら奥深い独楽の魅力あってこそかもしれません。

独楽以外にも楽しいオモチャが溢れている現代、もし独楽遊びをするのなら、独りではなく、たくさんの人と競い合って楽しみたいものですね。

 

参考
独楽(こま)と縁起~昔ながらのおもちゃ~
独楽(こま)と演芸~昔ながらのおもちゃ~
囲炉裏で和の心を感じよう〜道具編Part1〜

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »