ひな祭りの由来と歴史をご存知ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ひな祭りの由来と歴史をご存知ですか?

 

3月3日はひな祭りですね。

昔から雛人形を飾ったり、あられや甘酒を頂いたり、お祝い膳を食べたりと昔から女の子には心躍る行事でした。

そんなひな祭り、実はとても長い歴史があるってご存知ですか?今回は由来とともに、ひな祭りの歴史と意味もご紹介します。

 

スポンサードリンク

ひな祭りの由来

 

平安時代の日本に、中国から「上巳の節句」という春の邪気を払う儀式が伝わりました。

これは三月上旬の巳の日に、草や藁で作った人形(ひとがた)で自分の体を撫でて厄災を移し、それを川に流すことで厄払いや邪気祓いを行う風習です。

性別や年齢に取らわれず男女ともに行っていました。つまり、元々はこどもだけの行事というわけではなかったのです。

また、それよりも以前から貴族階級の女の子の間では、紙の人形を使った「ひいな遊び」というおままごとのような遊びが流行していました。

ひいなとは「小さい」という意味があり、これが後に「雛」という言葉の由来になったといわれています。

このひいな遊びの人形と、川に流す人形があわさって「流し雛」になったといわれています。

さらに江戸時代になると人形作りの技術が向上し、立派な人形が作られるようになりました。

そのため、人形を川に流すことはやめて家に飾るようになっていったといわれています。これが、現代のひな祭りの起源です。

なぜ女の子の行事になったかというと、江戸時代に徳川幕府によって5月5日の端午の節句が男の子の行事として制定された際、対をなすために桃の節句である3月3日が女の子の行事とされたからです。

 

なぜひな祭りに桃の花や雛人形を飾るの?

 

中国から伝わる五節句の一つ「桃の節句」がひな祭りの由来の一つです。

桃の花には「魔除け」や「長寿」のパワーがあるとされているため、中国では上巳の節句に桃の花を愛で、桃の花を漬けたお酒を飲み、桃の葉が入ったお風呂に入って邪気祓いを行っていました。

旧暦の3月3日はちょうど桃の花が咲くころだったことから、日本ではひな祭りに桃の花が飾られるようになったそうですよ。

ひな祭りに雛人形を飾るのは、昔の人形(ひとがた)や流し雛の風習をそのまま受け継いで、お雛様に女の子の穢れを移すことによって厄災を身代わりに引き受けてもらう意味があります。

厄払いの意味があるため雛人形は、一夜飾り(3月2日に出して1日だけ飾ることの意味)は避けるべきとされています。

遅くとも2月の中旬くらいまでには飾ったほうがよいとされています。

 

お雛様に込められた願い

 

お雛様は子供の身代わりとなって厄災を引き受けてくれる形代(かたしろ)の意味を持ち、1000年以上も親から子への変わらない思いを引き継いできました。

「わが子に災いがもたらされないように」
「美しく成長し、良縁に恵まれますように」
「幸せになりますように」
その願いを込めてお祝いする、大切な風習です。

 

お雛様はご先祖様のものを受け継ぐべき?

 

家庭によっては、先祖代々伝わるお雛様を飾っている、おばあちゃんやおかあさんが使っていたお雛様を娘にあげたい、という方も多いですよね。

実は「そのまま受け継ぐ」のはNG!

なぜかというと、そのお雛様は「最初の持ち主の厄災を引き受けた形代」なので、ご先祖様やおばあちゃん、お母さんの身代わりにすでになってしまっています。

どうしても受け継がせたい!という場合は、「新たな形代」として人形を買い足すなどするとよいでしょう。

これは姉妹の場合も同じです。お姉ちゃんのお雛様とは別に、下の女の子の初節句では「新しい人形を買い足してから」一緒に飾ってあげるようにしましょう。

 

あの迷信の真実は…

 

「お雛様を片付けるのか遅れるとお嫁にいくのが遅くなる」なんて話、耳にしたことがありませんか?

心配ご無用!

実は子どもに早く片付けさせるために、いつの間にか生まれた迷信だそうです。

とはいえ、ずっと飾っておくのはやはり避けたいところ。

お雛様を晴れた日に片付けるのは縁起が良い、とされています。ぜひ晴れた気持ち良い日に、お子さんと一緒に片付けてはいかがでしょうか。

 

参考:祭りには日本の「生きる力」が詰まっている
   苗字の由来が気になる!その内容について
   「こたつ」の季節がやってきた~歴史編~
   名前の由来について知りたいと思う人が多い理由

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »