逆さ札。五右衛門が釜茹でにされた日だから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

12月12日 さかさまの御札

 

今日は大泥棒、石川五右衛門が釜茹でにされた日、命日と言われています。

その験担ぎからか、12月12日と書いた紙をさかさまにして玄関に貼ると、泥棒が来ないとか。

これ、関西だけの風習かな。

でも、どうしてさかさまにするのでしょね。

 

日本人はもともと遊び好き

 

教えてGooの答えを参考に。

日本人はもともと遊び好きで、万葉集の時代からいろいろな言葉遊びがあります。

諧謔の精神というのでしょうか、いやなものまで楽しく笑い飛ばせるところがあります。

逆さにするのは洒落の一つの手段ではないでしょうか。

紙を逆さにしたり文字を逆さにしたり、文句を回文にしたり、音を逆さにしたり、いろいろと工夫します。

逆さの縁起を逆さに背負って「ゲン(キエン)かつき」などとするのとあまり変わらないんでは。

よく知ってることばに、するめは「あたりめ」、升升半升(ますますはんじょう)など、看板や張り紙にさまざまなユーモアを今でも見かけます。

まっすぐに物事を見たり言ったりするのは野暮。

という、上方と江戸それぞれの粋と粋のあらわれなんでしょうね。

 

 

ありがとうございます。

 

これは知りませんでしたが、

十二月十二日と書いた札を逆さに貼る。

火の用心・・「日二十月二十」=「ヒニトオクツキニクイ」と読むらしいです。

でも、昔の(今でもそうかな)言葉遊びって楽しいですね。

歌舞伎役者の七代目市川団十郎が愛用した図柄「かまわぬ」

歌舞伎の衣装にこの柄を使いました。

「判じ物」と呼ばれる模様で「構わぬ」を絵文字に表したものです。

楽しい!

次回はそんな遊び文字の特集もいいですね。

みなさんが知っている遊び言葉・文字教えてくださいね。

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

やっぱり和の文化は楽しいですね。

年の瀬、泥棒が入りませんように、ご用心を。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »