2017年の締めくくり! 吉例顔見世ツアー☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

2017年の締めくくり! 吉例顔見世ツアー☆

ときめき☆平成歌舞伎、第59回

 

 

こんにちは。安積美香です。

いよいよ、歳の瀬ですね。

 

そんなお忙しい日に、

初の顔見世興行観劇ツアーを開催いたしました。

ご参加いただいたみなさま! ありがとうございました☆

 

 

■ときめき☆平成歌舞伎塾

 

 

初の京都でのツアーだったので

どれくらい参加していただけるのか、わからなかったのですが

なんと、16人!!

これまでの勉強会で最多です♪

お借りしたお座敷、ギュウギュウ!

 

わたくし、テーブルまで用意いただいて

噺家さんみたい!

けど全然滑らかに、お話できませんでした…。とほほ。

 

 

みどころのほかに、「南座」や「顔見世」についても

ご紹介させてもらいました。

どうだったかな?

芝翫さんのまねきの横の小さな「橋之助改め」は

ちゃんと見てもらえたかな?

 

 

良弁杉由来は、幼い子が鷲にさらわれて

親を知らずに育った良弁と

全国を探し回った母との再会のお話。

 

鷲に子供がさらわれる、うそみたいな話ですが、

わたくしが子どものころ、

母親に「妹をとんびから守るように」言われたエピソードは

誰一人、共感してもらえず・・・あれ???

 

 

そうそう! 勉強会のあとでご質問がありました。

「50両って、現在のお金でどれくらいですか?」

 

時代によって、大きく変わるのですが

文七元結の場合、400万円くらいだそうです!

 

400万円を3月までに返せるのか!

長兵衛さんは、腕利きの左官屋で棟梁クラスだそうなので

まじめに働いたら、返せるのかな?

 

 

 

■夜の部観劇

 

 

 

良弁杉由来

俄獅子

文七元結

酒呑童子

 

と、豪華な四演目!

 

 

良弁杉でしんみりはじまって、

俄獅子で華やかで粋な舞踊。

文七では、泣いて笑って

酒呑童子は、迫力満点!!

 

さすが、顔見世!! 見ごたえありました~♪

 

文七元結では、劇中口上。

芝翫襲名のお披露目がありました。

レア感満載で、たまには良いですよね!

 

 

祝い幕は、京都顔見世バージョン!

 

 

 

■懇親会

 

 

 

終演後、お時間の都合のつく方で懇親会へ。

お芝居のお話に花が咲きました☆

 

今回のスペシャルゲストは葵太夫さんでした☆

他のお座敷の合間に、顔を出してくださいました!!

一瞬で、華やかになりますね~~~。

 

 

 

さて。

懇親会での酔っ払い葉室さんからの出題です!

 

 

 

お料理のひとつに、銀杏が!

おいしくいただきました。

銀杏の木は、雄雌があるのはご存知ですよね?

 

では、銀杏の実は、雄雌どちらの木になるでしょう?

そして、雄雌のかんたんな見分け方はなんでしょう?

 

 

2017年はたくさん観劇ツアーを開催することができました。

ありがとうございました☆

 

来年は、どうかな?

まずは、初春特別舞踊公演です!

お楽しみに~☆

 

 

この記事に関しての感想、苦言、ご指摘、ご要望は、

「和の素敵」へご連絡ください。

info@wanosuteki.jp

 

 



SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »