本 「暮らしのならわし 十二か月」 著:白井明大さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

暮らしのならわし 十二か月

 

私たちの祖先は、春に種をまき、秋に実りをいただいてきました。

めぐる四季を感じながら、自然の恵みに祈り、感謝を捧げて暮らしてきました。

それは、遠い昔からのこと。

これは素朴なもの。

なのになぜ、いまでもそれを大事に感じるのでしょう。

移ろう季節とともに、ふだんの日々と

特別な節目をくりかえす営みのうちに

幸せを感じる知恵が、いまも息づく暮らしのならわしかもしれません。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »