「元日」「 元旦」  お正月の違い って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

スポンサードリンク

「元日」「 元旦」  お正月の違い って?

面白い記事を見つけました。

へぇ なるほど(笑)

 

元日は、1年の最初の日で、1月1日のこと。

元旦は、元日の朝のこと。

 

元旦の「旦」の字は、太陽が地平線から出るさまを表した漢字。

朝や夜明けを表すため、元旦は1月1日の朝のみを表すともいわれるが、1月1日(元日)も意味する。

しかし、元旦が元日の朝も意味することには変わりないため

1月1日の朝をいう場合は、「元旦の朝」とはいわず「元日の朝」というのが正しい。

 

年賀状は、1月1日の朝に届くよう出すのが礼儀であるため

日付は「元日」ではなく、ふつうは「元旦」と書く。

「〇〇年元旦」と年号を付けることは良いが、「一月元旦」と月を付けてしまうと1月が重複するため間違いである。

 

正月は1月のことで、元日や元旦と異なり 1年の最初の月を表す。

ただし、元日から1月末日までの1カ月間を指して使われることは少なく、一般には正月を祝う期間を指す。
その期間は、大きく分けると三が日と松の内に分けられる。

三が日は 元日から3日間のこと。

国民の祝日は元日のみだが、官公庁や金融機関などは三が日を休日とし一般企業もこれに準じていることが多い。

また、新年を迎えて世の中がお祭りムードになっている期間でもあるため、「正月休み」や「正月気分が抜けない」など
元日に近い意味での「正月」は、三が日のことをいう。

と あります。

へぇ そうなんだ‼️

 

ありがとうございます。

 

昨年12月に素敵なご縁をいただいた、Hauʻoli Me Ka MālieさんのFBより、今日の記事をいただきました。

下記はHauʻoli Me Ka Mālieさんからのお話です。

 

「本来の Hula。

自然を慈しむ 自然とともに生きる  活きる 今 ここにある喜びを分かち合う。

踊りを発表するのではなく 奉納する。

オンリーワンの一族、Hawaii 火の女神 peleの お守りを 代々していりる一族、その継承者が私の先生。

魂を磨いて戴いて おります。」

 

自然とともに生きることを大切にされ、今 ここにある喜びを分かち合う。

そんな方だから、今、必要なことがしっかりと見えているのですね。

ありがたいご縁を大切にさせてください。

 

感謝!

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »