今日は鏡開き ぜんざいが楽しみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

今日は鏡開き

 

こんにちは。

鏡開きは、旧年の無事を感謝し、これからを神さまに祈って、正月からお供えしていた鏡餅をお下がりとしていただく儀式。

雑煮やお汁粉に入れて食べます。

もとは二十日の正月納の日に行われていましたが、江戸時代に、幕府や武家が鎧兜の供えておいた具足餅を食べる「具足開き」を十一日に定めたために、この日に合わせて行うようになりました。

 

「割る」のではなく「開く」のです

 

お正月に供えた鏡餅は刃物で切るのではなく、木槌や手でわって食べます。

これは、鏡開きが室町時代の武家の間で行われていたことから、刃物は切腹を連想させるといって、木槌で砕き割ったことからきているそうです。

「割り」と言わずに「開く」というのは、末広がりに通じる、縁起をかつぐ言い方です。
(日本人は縁起かつぎが大好きですね!)

 

年神さまの霊力を取り入れます

 

餅には稲の霊が宿るため、食べると力が得られると考えられてきました。

また、年神さまへ供えた鏡餅をいただくことで、年神さまの霊力を得られるとも。

開いたお餅を家族といただきながら、一家の円満と繁栄を祈念しましょう。

 

 

 

水もちにしていただきました

 

鏡餅は、小正月の頃にはかちんかちん。

ひびわれた足のかかとみたいでした。

当然、木槌でなんて割れませんでした。

子供のころ、母親は、水につけて、ぶよんとふやかし、水もちにしてくれました。

それから包丁で切って、フライパンにバターをしいて、大きなお好み焼きみたいな、焼き餅に。

ふにゃふにゃのでっかいお餅は、途中で飽きたけど、バター醤油味で、おいしかった。

 

ありがとうございます。

 

お餅をなぜ「鏡」と書くかご存知ですか。

お餅の丸い形が昔の銅鏡に似ているからだといわれています。

 

では、「ぜんざい」と「しるこ」の違いは?

関西では、粒あんで汁気があるものが「ぜんざい」、こしあんで汁気があるものを「おしるこ」。

関東では、汁気があれば「おしるこ」、汁気がないと「ぜんざい」。

なんで地方によって違うのでしょうね。

やっぱり日本は楽しいですね。

みなさまは、おしるこ派?ぜんざい派?

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

一月は本当に行事が多いですね。

ありがたいことがいっぱいあるから楽しいですね。

さて、私はぜんさいをいただきまーす。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »