仏のイメージ  松久佳遊 祈りの世界より 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

仏像とはなんでしょうか?

 

紀元前に生まれたブッダから始まる教えが、飛鳥時代にもたらされ今に至ること。

インド北部で生まれたブッダのことを口伝えであるいは経典で、広くアジアにそして大切に日本までもたらされてきたこと。

ブッダ…お釈迦さまと呼びますね。

お釈迦さまだけでなく教えのなかで他の仏さまも増えて行きます。

それぞれの時代に、それぞれの国の人々がつくった仏像に出会うことのなんて不思議。

みんなお釈迦さまのことを慕い、イメージをかたちに変えてきたのですよ。

 

そのお姿に手を合わせる

 

今もそのお姿に手を合わせる。

人のかたちがあるからこそ、そこにお釈迦さまを見いだし

慕う事ができるのかなと思う。

お釈迦さまは、自分の姿を作ってはならない

と弟子たちに言いのこし、弟子たちはそれを守ってきたけれど。

結局は、つくってしまったのです。

もし、今この世にあらわれたなら

なんと思うのかなー?

 

松久宗琳佛所 松久佳遊さんのブログより

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »