浄住寺のご本尊 ご招魂抜き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

浄住寺のご本尊

 

浄住寺のご本尊、釈迦如来坐像。

ご本堂の再興が1687年に葉室頼孝卿と鐵牛禅師、お二人により行われたといわれています。

約330年、ご本堂にお座りのままのご本尊。

この度、仏師、松久佳遊さんにお願いして、ご修復をさせていただくことになりました。

 

330年、こんな日を迎えられて感激です。

 

ご住職の招魂抜きの法要。

 

 

ご本尊と台座。

今まで、申し訳ございませんでした。

 

仏師の松久佳遊さんと住職。

手前は厨子です。

厨子もきれいにしていただきます。

 

手が、ごめんなさい。

印を結ばれてます。

中品下生(ちゅうぼんげしょう)

 

初めてこれだけ近くで拝見させていただきました。

本当にいいお顔されてます。

 

約半年の間、いらっしゃいません。

お戻りになられるときは、みなさまをお呼びいたしますね。

ぜひともお越しください。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »