文楽と歌舞伎を見比べてきました~☆  ときめき☆歌舞伎、第63回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

文楽と歌舞伎を見比べてきました~☆

ときめき☆歌舞伎、第63回

 

寒いですね~~~。

わたくし2月、3月は観劇予定がないので冬眠中zzz……。

ですが1月は、特別舞踊公演と文楽公演と大忙しでした。

どちらも見ごたえがありましたよ☆

 

昨年の顔見世で上演された「良弁杉由来(ろうべんすぎのゆらい)」が

1月に文楽でありました。

見比べを楽しんできました~☆

 

 

◆文楽と歌舞伎って、同じ演目があるの?

 

歌舞伎の中に「義太夫物(ぎだゆうもの)」というジャンルがあります。

文楽(人形浄瑠璃)のために作られたものを

後に歌舞伎でも上演するようになったお芝居のことです。

 

歌舞伎の舞台上手に「床(ゆか)」がつくられ

太夫さんと三味線さんが座って

背景や、心情を語っているお芝居、ご覧になったことないですか?

 

そう! あれです!!

 

お人形さんは、しゃべれませんから

太夫さんが台詞を語ってくれます。

役者さんは、しゃべれますから

自分の台詞は、自分で言います。

 

じゃぁ、太夫さんは要らない???

 

いえ、いえ!

今、「はい」って言ったけど

実は、そんなこと思ってないのよ~~~。

とか、

こんな心配ごとがあるのよ~。

なんて心情や情景を、太夫さんが語って

客席にいる、わたしたちに教えてくれるんです。

 

時に、淡々と、

時に、熱く。熱~~~く!!!

 

太夫さんと三味線さんが熱くなればなるほど、

客席も手に汗。

胸が締め付けられ、涙がこぼれるのです~。

 

 

◆同じだけど、同じじゃない!? 文楽と歌舞伎

 

文楽も歌舞伎も初演のとおり現在まで伝わるものは、

少ないのではないでしょうか。

いろいろな年代で、いろいろな工夫が加えられて変化しています。

文楽は、文楽で。

歌舞伎は、歌舞伎で。

それぞれに、試行錯誤。

 

特に歌舞伎は、お人形用に作られた芝居を人間が演じるのですから

そもそも無理があるわけで、

いろいろ変化が大きいです。

ばっさりカットしたり、逆に加えたり。

歌舞伎を観てから文楽を見ると、原点に近いことが多いので

おお~っ!!! そうだったのか!

なんてことが、山盛り。

 

 

 

◆良弁杉由来は? どうだった?

 

顔見世ツアーでも観劇した「良弁杉由来」。

二月堂の場が藤十郎さんと鴈治郎さん親子の共演で

とっても感動的でした。

 

ちょっと、あらすじ。

夫に先立たれた渚の方は、志賀の里で

幼子を立派に育てて、夫の後を継がせることを心の糧に生きています。

が、その幼い子が大鷲にさらわれてしまいました。

渚の方は、ショックで発狂。

30年もわが子を探してあちこち。

東大寺の良弁(ろうべん)という、えらいお坊さんが、

「幼いころ鷲にさらわれてきたらしい」と聞いた渚の方は、

乞食に落ちぶれた身を気にしながらも、東大寺まで行く決心をしました。

 

昨年の顔見世では、

その親子の感動の再会の場面(二月堂の場)が上演されました。

 

1月の文楽では、通しで上演されて

2歳の良弁さんが、大鷲にさらわれるところ

母親の渚の方が発狂してしまうところ

そして、正気に戻るところ

良弁のうわさを聞き、東大寺へ向かうところ

感動の再会!

 

いや~~~。

どの段もバラエティに富んでいて、見せ場もあって面白かったです!

ちなみに、歌舞伎では「○○の場」

文楽では「○○の段」といいます。

 

「二月堂の場(段)」は、違いがいっぱいでした!

文楽の場合は、なかなか良弁さんが出てこない!(笑)

良弁さんが出てくる前に護衛の使者さんたちが

どんな特技を持っているのかを

わたしたちに披露してくれました!

 

槍を放り投げてキャッチ。

ひとりが投げて、相手が受け取る。

ひとりで槍をくるくる回したり、背面でキャッチしたり。

もちろん、お人形さんですよ!

かなりアクロバティック。

お~! おぉ~!! 拍手~~~!

で、客席は大盛り上がり!

歌舞伎では、ないです。(通しだったら、あるのかな?)

 

歌舞伎では良弁さんは、二月堂の中から登場。

香も焚かれて、二月堂の大きさや荘厳さが伝わってきます。

文楽では、舞台下手から。

二月堂へ入ることはないので、描かれたセットです。

 

親子の証となった如意輪観音さまは代々伝わるもので

守り袋は、お仕えしていた菅原家からいただいた香木を包んでいた錦(布)。

歌舞伎では、母が守り袋に縫い直し。

文楽では、手の器用な父が袋に縫い直したと。

もう、会うことのできない父とのつながりがこんなところで!

感動が増しますね。

 

 

良弁さんは、実在の人物です。

奈良東大寺の開祖として有名ですが、

近江石山寺の開祖でもあります。

お芝居は志賀の里からはじまりますが、相模の国の出身という説もあります。

鷲にさらわれてきたのかどうかは???

奈良時代。遠い昔すぎて、もう伝説ですね。

 

文楽、歌舞伎では、

出生がわかった良弁さんが

鷲にさらわれる前に過ごした志賀の里に

肌身離さず持っていた如意輪観音像を本尊に石山寺を開いたのよ~。

という、結末になっています。

 

なんか、ロマンがあっていいですよね。

気候がよくなったら東大寺と石山寺へ

良弁さんめぐりもいいかも。

 

 

 



SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »