お芝居の地へ 良弁杉由来  ときめき☆歌舞伎 第65回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

お芝居の地へ 良弁杉由来 

ときめき☆歌舞伎 第65回

 

よい季節になってきましたね。

桜の開花情報もあちこちから聞こえてきました。

わたくしも、休眠打破!

さっそく、出かけてきました☆

 

■良弁杉と再会♪

 

昨年12月の顔見世で観劇した「良弁杉由来」。

第1回目から観劇ツアーに参加してくれている友人と一緒に、

良弁杉を見に行ってきました☆

 

彼女は、1回目のツアーが歌舞伎初観劇!

それから、すべてのツアーに参加!!!

今では、ツアー以外でも歌舞伎観劇されるようになった、ステキな方です♪

 

 

3月17日。9時30分、近鉄奈良駅待ち合わせ。

奈良の朝は、寒かった~。

海外の観光客にもまれて

東大寺南大門をくぐり、大仏殿を横目に二月堂へ。

 

二月堂へは行ったことがあっても、良弁杉を意識して見ることは

あまりないと思います。

彼女もそんな、おひとり。(とってもノーマルだと思います)

 

昨年12月の顔見世の良弁杉を観劇されて、

本物の良弁杉とご対面です!

 

 

わぁ~い↑↑↑

良いお天気です~♪

青い空と二月堂と良弁杉!

テンション上がります☆

 

良弁さんと母渚の再会の場所で記念にパチリっ!

(わたくしも、記念撮影は初! わぁ~い♪)

 

 

朝日で良弁杉からキラキラシャワーをいただきました。

ちょっとは、賢くなれたらいいな。

 

二月堂の舞台にも上がってきました。

こんなに高いところまで登っていたのね~。

良い展望♪

 

 

舞台から見下ろす良弁杉。

良弁杉の向こうには、大仏殿があります。

 

 

■良弁杉は、何代目???

 

良弁杉の根元には、「良弁杉植樹の由来」の石碑があります。

 

 

良弁杉植樹の由来

かつてこの地には樹齢六百年 高さ七丈に及ぶ杉の

大木があり東大寺の開山良弁僧正が御幼少の頃大鷲が

さらってこの木に飛来したとの傳説によって良弁杉と呼ばれ

人々に親しまれてきた

しかるに昭和三十六年九月十六日台風のためおしくも倒潰した

ので今日その遺趾にその枝を挿木して育成した名木の二世を

植樹して之を永く後世に傳えたいと思う

昭和四十二年三月十六日 華厳宗管長東大寺住職橋本聖準誌

 

この石碑によると、今の杉は樹齢50年(+6年?)です。

周りに何もないので、太陽の光を独り占めして立派にすくすく!

 

先代の杉の樹は、樹齢600年で高さ七丈。

七丈???

約21メートル。

ビルの7階くらいだそうです!

下からも、舞台からも、見てみたかった~。

 

良弁さんは689年のお生まれ。

1330年くらい前ですね。

先代の杉は、樹齢約600年。

まだまだ先代さんがいらしたのかしら?

伝説は、果てしない~(笑)

 

 

修二会が終わったあとで、境内には柵があり

芝生も多くの参拝者に踏みしめられた後でした。

いつか、修二会にも行ってみたいなぁ。

そして、ひさしぶりに舞踊「達陀(だったん)」を観たくなりました。

松竹座か南座で「達陀」やってくださ~~~い! 上演熱望です!

 

 



SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »