香りと歌舞伎  ときめき☆歌舞伎 第66回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


(画題:「浮世の流行おそのまゝに 伽羅先代萩 加賀ツ原薩摩座」、絵師:二代目広重)

 

香りと歌舞伎

ときめき☆歌舞伎 第66回

 

3月25日、葉室山浄住寺で「日本の香り文化体験」のイベントがありました。

わたくしは、事務局として参加してきました。

 

日本での香りの歴史は古く、奈良時代から。

歌舞伎にも、ちらちらっと登場しています。

いつもより、マニアックですがよければどうぞ。

 

 

◆お薬から戦争まで? 日本の香りの歴史

 

写真は、イベントで参加者さんにお見せした香りの材料。

多くが植物で、一部動物性のものがあります。

 

 

漢方薬みたい?

そうなんです! もともと「薬」として海を渡って入ってきたものです。

 

日本の香りの歴史は、

595年(推古天皇の時代)、淡路島にひとかかえもある木が流れ着いて、

住民が薪として燃やしたらよい香りがした。

びっくりして聖徳太子へ献上し、たずねたら「伽羅である」と答えた。

というのが、始まりとなっています。

真偽はいろいろ言われていますが、

1400年くらい昔から日本には、香りの文化がある

というのは、確かなようです。

 

たくさんある香りの中で、

「最もよい香り」と、されているのは「伽羅(きゃら)」という香木です。

「伽羅」は、「沈香(じんこう)」と言われる

東南アジアの樹で、樹液が多くある樹です。

樹が傷つけられると、菌などから身を守るため樹液を分泌します。

沈香は生を終えて、枯れ朽ちて何百年も地中に埋まったものが

掘り起こされたもの。

その長い年月をかけて樹液が固まり、独特の香りを持った枯れ木になるんですね。

 

東南アジアのどの辺りか?

何年(何百年?)埋まっていたのか?

どういう状態で埋まっていたのか?

条件によって、香りがすべて異なります。

神秘的ですね~☆

沈香を6つにランク別けし、最高級の香りが「伽羅」と呼ばれています。

 

舶来品であり、毎年生産できるものではないので

かなり高価です。

足利義政、織田信長など、その香りに魅了された武将は、たくさん!

戦国時代は、よりよい香木を求めて香木戦争まで起こっているのですよ。

 

 

◆歌舞伎の中にも、香りがいろいろ!

 

歌舞伎の演目でタイトルに香りが入っているのは

「十種香(じゅっしゅこう)」、「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」

そして、「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」などがあります。

 

「加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)」、

「仮名手本忠臣蔵」では、「蘭者待(らんじゃたい)」という名香が出てきます。

 

加賀見山は、中老尾上と局岩藤というふたりの女性が登場します。

お殿様から「蘭者待」を預かった尾上。

その「蘭者待」を盗み、尾上を追い詰め、のし上がろうとする岩藤。

命を懸けた女の戦い。

怖~い!!

 

忠臣蔵は、大序(だいじょ 一幕目)で「兜改め」が行われます。

たくさんの兜の中から、新田義貞の兜を探すように命じられるのですが、

その手がかりになるのが「蘭者待」。

武士は、死に際まで美しく!

新田義貞は、首が飛んでもよい香りがするように、

兜に「蘭者待」を忍ばせていたという!

しかし、ここから塩屋判官(浅野匠守)と伯耆国の家臣(赤穂藩士)の

悲劇が始まっていきます。

 

舞台演出で香りをたくこともあります。

「寺子屋」では、お焼香を上げます。

松王丸の幼子が、管秀才(菅原道真の子)の身代わりとなって殺されてしまいます。

首は、藤原時平の元へ。

残った胴体が駕籠に乗せられ、松王丸夫婦と源蔵夫婦が悼み

最後の別れの儀式を行います。

劇場全体にお焼香の香りが広がり、

悲しみがいっそう深まるのです。

 

ほかには、

江戸随一の男前の助六は、

お金の力で揚巻(助六の恋人)を手に入れようとする意休に

「伽羅くせぇ、おやじだ」と嫌味を言い捨てます(笑)。

 

 

意休は、常に香炉を持ち歩いていて伽羅を焚いています!

(写真の右端にほんの、ちょこっと写っているのが意休の香炉)

お金持ち!!

のちのち、この香炉が物語の重要な役目を果たすのですが

今回は、やめときます。

 

香りは、いろいろな使われかたをしていますね。

 

 

◆浄住寺も香りに巻き込まれた?

 

今回の「日本の香り文化体験」で使わせてもらった

葉室山浄住寺の方丈は、「伽羅先代萩」の「御殿」なんです!

第44回 お芝居の地へ「伽羅先代萩」

https://wanosuteki.jp/post_15427

 

「伽羅先代萩」は伊達家のお家騒動を書いたお芝居ですが、

その発端は足利頼兼(伊達綱宗)の放蕩から。

昼間から高尾太夫に入り浸り。

けどねこのお殿様、お洒落でかっこいいんです☆

紫地に竹の刺繍のお召し物。(伊達家の紋が「竹に雀」なので)

履いている下駄が、

な、な、なんと 「伽羅」で作られたもの!

 

そうです!

ここからタイトルの「伽羅」があてられています。

「きゃら」と読ませず「めいぼく」と読ませるところが、ニクイですよね☆

伽羅→名香→名木 ですね。

ちなみに「先代」は、「仙台」。

「萩」は、仙台藩の花。

 

もし、現代で伽羅の下駄をつくったとしたら

1000万円は、超える?

そりゃ~、そんな贅沢していたら・・・ねぇ。

お家騒動も仕方がないかな。

 

2歳で藩主になった亀千代(四代藩主伊達綱村)は、

命を狙われながらも立派に成長しました。

政岡のような優秀な家来が育てたのかな?

そして、尊敬する学問の先生が浄住寺の鉄牛禅師!

幼少のころに過ごした江戸屋敷を浄住寺に寄進しました。

 

父綱宗が伽羅の下駄を履いていなければ、

浄住寺の方丈は違う建物だったかも?

って、何か無理やり?(笑)

 

 

おまけ。

葉室山浄住寺にて香を聞く、葉室さん。

 

 



SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »