天上天下唯我独尊  花まつりの日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

スポンサードリンク

花まつり

 

こんにちは。

明日、4月8日は「花まつり」お釈迦さまの生誕をお祝いする日。

浄住寺でも、ご近所の皆さんが境内のお花で晴れやかにお釈迦さまを飾る花御堂を作ってくださいました。

もちろん、甘茶の用意も。

 

お釈迦さまが生まれたとき、誕生を祝った龍が清らかな水を降り注がせ、それを産湯にしたといいます。

 

天上天下唯我独尊

 

 

お釈迦さまが生まれたとき、七歩あるいて、右手で天を指し、左手で地を指し

「天上天下唯我独尊」と言われたそうです。

 

漢字だけみると、「この世の中で、私だけが偉い!」って思ってしまいますよね。

このような自己中心的な言葉、お釈迦さまは本当に、そう思って言われたのでしょうか(生まれたての子ですが・・・)。

 

とんでもないですよね。

 

本当の意味は、

「自分という存在は、この世に一人だけ、だから尊いのです。」という教え。

 

「天井天下」とは、天の上にも天の下にも、大宇宙広しといえどもということ。

「唯我」とは、私という意味ではなく、我々とか私たちのこと。

独尊」とは、誰にでもたった一つの尊い使命がありますよということ。

 

「天上天下唯我独尊」とは、人間の尊厳を説いた立派な教えなんですね。

 

 

ありがとうございます。

人は意味なく生まれてくるのではないのですね。

生老病死の苦しみや悲しみをあるがままに受け入れて、

どのような時でも、心清らかに思いやり「慈悲」の心で

自分も周りの人も、今という時を大切に生きていく。

このように生きていきましょうねと、お釈迦さまは説いていらっしゃるのではないでしょうか。

 

一生一度の命、大切に過ごしていきましょうね。

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »