マンガと歌舞伎 ときめき☆歌舞伎 第67回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

スポンサードリンク

マンガと歌舞伎

ときめき☆歌舞伎 第67回

 

4月は松竹座でスーパー歌舞伎セカンド「ワンピース」を

観劇してきました~☆

 

水もかぶって、タンバリン叩いて大忙しで楽しんできました!

楽しまれた方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

◆平安時代から漫画は、大人気☆

 

海外でも日本の漫画は大人気ですね。

先日もドラゴンボールのTシャツをきた海外カップルと

遭遇しました。

歌舞伎も「ワンピース」に続いて、8月には「NARUTO」も歌舞伎になるようで

漫画人気沸騰中!

 

 

漫画は、平安末期の「鳥獣戯画」が始まりと言われています。

他にも寺社仏閣の縁起絵巻や、「源氏物語」、「御伽草子」などたくさんの絵巻物がありますよね。

文字が読めなくても、絵で物語がわかる!

だけではなく、絵の美しさやユーモラスさも人気のひとつですよね。

 

江戸時代に入ると、印刷の技術が進み本屋が登場します。

手書きより数段、早く書籍が出来上がります。

本屋も、古本屋、貸し本屋、行商などたくさん!

それまで多かった仏教関連の書物以外に

滑稽本、絵草子、医学本、浮世絵、観光本、料理本…

ベストセラーが続々登場したんです!

 

「東海道中膝栗毛」、「南総里見八犬伝」、

「児雷也豪傑譚話(じらいやごうけつものがたり)」など

ベストセラーから歌舞伎になったものも、たくさんあるんですよ☆

 

 

◆江戸時代の漫画歌舞伎も、大ヒット!

 

「児雷也豪傑譚話」は、天保10(1839)年から明治元(1868)年に

刊行された長編作品。

刊行当初の作者は、美図垣笑顔(みずがきえがお)。

 

主人公の児雷也は、蝦蟇を操る妖術使い。

ナメクジを操る美女の綱手(つなで)と、

蛇を操る宿敵の大蛇丸(おろちまる)が登場し、

いろいろな場所で戦い交えます。

 

男前のヒーロー、美女戦士(児雷也の許嫁)VS 宿敵悪役。

蝦蟇とナメクジと蛇の妖術合戦でしょ!

絶対、おもしろいやん!

 

絵は、浮世絵師豊国が担当。

三人の迫力ある戦いぶりがダイナミックに表現されて

30年のベストセラー!!

目を輝かせて読んでいる子どもに

「お父さんも子どもの頃、読んだよ~」って、

そんな、会話があちこちから聞こえてきそうです。

 

そんなベストセラーが、嘉永5(1852)年いよいよ歌舞伎に!!

スーパーヒーローの児雷也は、

超!人気役者、八代目市川團十郎!

脚色は、河竹黙阿弥

絶対、おもしろいやん!!!

 

新作嫌いで「古典歌舞伎派」だった、座元の河原崎権之助に

「これからの時代は、新作狂言だよぉ」

なんて、言わせるほどの大ヒットだったそうです。

 

 

「NARUTO」にも、伝説の忍者で児来也が登場するんですってね。

すみません…

「ワンピース」に続き、「NARUTO」も読んだことがございません…(汗)

来年6月、南座で「NARUTO」が上演されるとのこと!!

また、読まなくては!

 

そうそう! 「児雷也豪傑譚話」も歌舞伎で上演後

それまで読んだことのなかった團十郎さまファンの女性たちが、

読むようになって、本の人気もさらに過熱したそうです。

江戸も平成も変わらないですね~!

 

 

あ。東海道中膝栗毛がベースの

「東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖(こびきちょうなぞときばなし)」は、

6月に、シネマ歌舞伎で上演されますよ!

 

 

今回のやじさん、きたさんは、旅をせずに殺人犯人捜しをするそうです。

昨年8月の歌舞伎座で上演されたもの。

チケットは、早々に完売。当日発売の幕見席も連日完売した演目です。

 

ちなみに、東海道中膝栗毛の本はずいぶん昔に上下巻で購入しましたが、

上巻途中で止まったままです…

十返舎一九さん、ゴメンナサイ~。

 

 



SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »