宇宙は五大要素でできている  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

宇宙は五大要素でできている

こんにちは。

「ありがとう」って今日もいっぱい言えますように。

お忙しい毎日とは思いますが、忙しい中でふと「この世の中は何でできてるのだろう?」「大宇宙はどうしてあるの」と考えることないですか。

木・火・土・金・水(もく・か・ど・ごん・すい)の五行思想は聞いたことありますよね。

これは儒教の思想から来ており、陰陽道では、これら五行が互いに生みあい消しあうことで万物が生じるとされています。

古代より人間は、大地に立ちながら、空(夜空も)を見上げ、今生きているこの時、この瞬間をつくっている根元的なものを追求し続けてきたのでしょうか。

今日は、前薬師寺管主の山田法胤さんの本「とらわれない生き方」より、仏教の五大要素を教えていただこうと思います。

 

五大要素と五輪塔

 

まず東日本大震災とは、なんだったのか。

私なりの考えを述べましょう。

仏教や古代インド思想では、宇宙というのは五つの要素からできているといいます。

五つとは「地」「水」「火」「風」「空(虚空)」で「五大」とも呼ばれてます。

絵で表すと、大地は平らに広がっていますから四角く描きます。水は水滴や雨粒のように丸です。

火は立ち上がる形を見れば三角です。

風は鼻や口で息をするときに出ますから、お月さんを半分にして丸いほうを下に置く形です。

空は、擬宝珠、つまり下が丸くて上がとんがったネギの花のような形に描きます。

日本武道館のてっぺんについている通称「たまねぎ」や、橋の欄干の上についているのが擬宝珠ですね。

これは、仏教で霊験あらたかな宝の珠(宝珠)からきています。

五輪塔というお墓は、この五つを下から積み上げた形をしています。

五つの要素は五輪塔の五輪なんですな。

 

 

卒塔婆(そとうば)と五輪塔

 

みなさんご先祖さんの法事でお寺に行き、お墓に卒塔婆(そとうば)を立てますでしょう。

あれは、サンスクリット語で「積み重ねる」という意味の「ストゥーパ」からきています。

いちいち石を切り出して四角や丸や三角にして重ねるわけにはいかへんから、細長い木の板で代用しているわけです。

板をよく見ると上の方に左右四か所ずつ、形が異なる切込みが入っていて、五輪塔と同じ形を表しています。

江戸時代の剣豪・宮本武蔵は剣の心を『五輪書』に書き記しましたが、この五輪もやっぱり五大要素です。

五輪書は「地の巻」「水の巻」「火の巻」「風の巻」「空の巻」の五巻からなっています。

海外では宮本武蔵がとても有名なので、宇宙を五つの要素に分けたのは武蔵だと思っている人があるそうですが、もとはインドの考え方です。

 

東北大震災と五大要素

 

物質を分割していくと、これ以上もうわけることができない最小の単位に至る。

これが「原子」(アトム)だという原子論は、哲学者デモクリトスなどが唱えた古代ギリシャの専売特許のように思われていますが、古代インドにもありました。

今回、その五大要素がすべて、東日本大震災で大きな被害を受けたのです。

「大地」が揺れて大きく動いた。

海の「水」が揺さぶられ、大津波が多くの人をさらった。

津波が襲ったところに上がった「火」を波が運び、街や村を焼きつくした。

そこに原発事故が起こり、放射能が「風」に乗って広がった。

こうして東日本の野菜が汚染されたり、東京の浄水場で放射線が検出されたりという大騒ぎになってしまいました。

「空」や「虚空」というのは、人間の心です。

空の心、虚空のように自在な「とらわれない心」が理想だから、心のなんの仕切りや妨げもなく広がる大空にたとえて、五輪塔のいちばん上に乗っけてあるのです。

その何千万人もの心が恐怖や不安にかられ、大きく揺さぶられました。

パニック状態になった人も少なからずいたでしょう。

放射能の恐怖は一気に世界中に広がりました。

チェルノブイリ事故の記憶が消えないドイツでは、地震の直後から原発問題一色となり、原発存続か撤廃かをめぐって大激論がかわされました。結局、ドイツ、スイス、イタリアは脱原発に舵を切りました。

このように、すべての存在が被害を受けたのが今回の東日本大震災だ。私はそう受け止めています。

本:「ブッダに学ぶ とわられない生き方」 著:山田法胤さん

 

 

ありがとうございます。

 

古代より、大地に立ちながら、空を見上げ、夜空を見上げ、この自然と自分という考えても答えが出そうもない関係性を探ってきたのでしょうか。

人間の身体は30兆の細胞(腸内細菌は40兆とか)からできていますが、この一つ一つの細胞も人間のように何かを考えてるのでしょうか。

人間って何なんでしょうね。

神は、天は、この宇宙は、何のために人間を創造したのでしょうか。

本当は、大きな大きな使命があるのではないでしょうか。

それが、いつの間にか、目の前の小さなことに追われてしまい、何も見えなくなってしまったのではないでしょうか。

人間の持つ五感も、いつの間にか退化して、五感を感ずることすらなくなったのでは。

第六感なんて言うものは、いつの間にか聞くこともないのでは。

かく言う私も、その一人。

本当に大事なことって何なんでしょうね?

いつもこの星のみんなが笑顔あふれる素敵な毎日を送れますように!

「ありがとう」っていつも思えますように。

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

今日の最後はとりとめのない話になり、申し訳ないです。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »