土用の丑って何?なぜうなぎ?その歴史や意味を知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

土用の丑って何?なぜうなぎ?その歴史や意味を知ろう!

土用の丑は「どようのうし」と読みます。その音から、土曜の牛って何?と思っている人もいるかもしれません。また夏の土用の丑の日にうなぎを食べることが習慣になっていますが、それはなぜでしょうか?土用の丑の歴史や意味を含めてご紹介していきましょう!

スポンサードリンク

土用の丑とは

土用の丑の日の意味を、「土用」と「丑」に分けてみていきましょう。

○土用

土用とは、暦の上で、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」各日の前、約18日間という期間をさしています。

そしてこの土用には、古代中国の思想「陰陽五行説」が深く関わっています。
人体、自然界のすべての事物は「木(もく)」「火(か)」「土(ど)」「金(ごん)」「水(すい)」の5つの要素で成り立っていると考えているのが五行説です。

これが季節と結び付けられ、「春=木」「夏=火」「秋=金」「冬=水」とし、それぞれ季節の変わり目を象徴していると言われています。

季節の変わり目であるこの18日間は体調を崩しやすいので、力仕事などはできるだけ控えて、体にいいものを食べて休む、という先人の知恵でもあります。

しかし五行説は5つあるのに季節は4つ。「土」がありませんよね。
そこで、それぞれの季節の変わり目18日間を「土用」とした、と言われています。

ではこの土用の「用」とはなんでしょうか。
先ほど出てきた五行説における要素は、「木気・火気・土気・金気・水気」と言われており、土は「土気」となっています。

土用となった理由については諸説あるようですが、2つをご紹介します。

①土用とは「土旺用事」「土王用事」のことであり、その「旺」「王」や「事」が省略された。

②土旺(土王)が日本に伝わったときに、発音がなまって「どよう」と呼ばれ、そこに「土用」という文字が当てはめられた。

現在では「土用の丑」というと、夏(立秋)の前の18日間のことを指すことが多いです。

○丑

丑とは毎年の干支でも出てきます。干支は年だけでなく、月日や時間、方角を表す時にも使われます。

時間の例でいうと「草木も眠る丑三つ時」。という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。草木も眠る時間と言われるように、午前2時~2時30分のことを指しています。

土用の丑の「丑」は日付に割り当てられた十二支です。

○土用の丑

土用、と丑の意味から、土用の丑とは、年に4回ある土用の期間(18日間)のうちの、十二支に割り当てられた丑の日、ということになります。

土用の期間が18日あり、干支が12であることから、割り当て期間によっては、土用のうちに丑の日が2回来ることがあります。その場合、1回目の丑の日を一の丑、2回目を二の丑と呼びます。

土用の期間は毎年違うため、土用の丑の日も毎年異なります。
ちなみに2018年の土用の丑の日は、1月21日、2月2日、4月27日、7月20日、8月1日、10月24日、11月5日です。

2018年は一般的に認識のある夏の土用の丑の日が2回あるため、7月20日が一の丑、8月1日が二の丑となります。

土用の丑の歴史。なぜうなぎを食べるの?

土用の元になった陰陽五行説は中国の春秋戦国時代の思想であり、日本には暦法と共に5~6世紀ごろ伝わったとされています。

では、現在の「うなぎを食べる」という習慣はどのようにして生まれたのでしょうか。諸説ありますが、その中の3つをご紹介します。

①平賀源内説

もっともよく聞かれる説がこの「平賀源内説」です。

平賀源内とは、日本の江戸時代の発明家で、発明家以外にも本草学者、蘭学者、医者、作家、画家(蘭画家)でもありました。外国の最新技術エレキテル(静電気発生機)を修理したことでも有名です。

その平賀源内がうなぎ屋の知り合いに、「冬が旬のうなぎが、夏に売れなくて困っている。なんとかしたい」と相談を受けて、その対策として打ち出した案が土用の丑に「うなぎ」を食べるようになった始まりと言われています。

具体的には、

「本日丑の日」
土用の丑の日うなぎの日
食すれば夏負けすることなし

という看板を立てたところ(チラシをばらまいた、という説もあります)、そのうなぎ屋が大繁盛し、それから土用の丑の日はうなぎを食べるという習慣になっていったと言われているのです。

②大田蜀山人説

もともとうなぎが好きであった江戸時代の歌人・狂言師である蜀山人(大田南畝)が、神田川といううなぎ屋に頼まれ、繁盛策を考えたという説です。

「丑の日に、うなぎを食べたら病気にならない。薬になる。」

というような内容の狂歌を詠んで広告したことが始まりと言われています。

③春木屋説

春木屋といううなぎ屋さんが、神田和泉橋の藤堂のお屋敷からの大量発注を受けた際、子の日・丑の日・寅の日に蒲焼を焼いたら、丑の日に作ったうなぎだけ色合い、風味とも変わらなかったというお話です。

それ以来「土用丑の元祖」をいう看板をあげ、ここから土用の丑にはうなぎを食べるという習慣につながったと言われています。

そもそも、丑の日は災難が多い日とされていて、「う」のつくものを食べると健康に恵まれることが信じられていました。また丑の方角を守護する玄武の色にちなんで、黒いものを食べるのも良いとされていました。

うなぎは「う」がつき、色も黒いことから、数々の宣伝文句が受け入れられやすかったのであろうと考えられています。

実は、黒いものが良いとされる由来は他にもありますので、2つご紹介します。

①丑の日は土に感謝し、その土を耕してくれる水牛を休ませる日とされていました。そしてその土や牛にあやかり「黒いもの」を食べる習慣になったと言われています。

②五行説においては、「水」に対応する色は「黒(紫)」とされています。
「土気」を補う「水気」に当たる黒いものを摂取することで、季節の変化に負けない体になると言われていたのです。

また、7世紀から8世紀に編纂された「万葉集」には、

石麻呂に吾れもの申す夏痩せに
よしといふものぞむなぎとり召せ
大伴家持

という、石麻呂に夏痩せにはむなぎ(ウナギ)を食べると良いと勧めている歌が
残っています。

万葉集の時代から、体調を崩しやすい夏には、栄養価の高いウナギを食べて元気を出すという考えがあったことがわかります。

今も昔も、暑い夏にはスタミナのある食べ物を食べることが必要ですよね。当時はもちろん、科学的根拠などなかったでしょうが、現在では、うなぎの成分は暑さに打ち勝つためにぴったりであるとわかっています。

うなぎにはビタミンA・B1・D・E、そして鉄、カルシウム、亜鉛をはじめとしたミネラル、さらにはDHAを豊富に含んでいます。中でもビタミンAは疲労回復を促進する働きがあります。

さらに、ムコ多糖質という成分も含まれており、それは消化や吸収を助け、胃の粘膜を保護する働きもあるのです。

このように、夏バテしている体に効果的な成分がたっぷりなのがウナギというわけです。

土用の丑はうなぎだけじゃない!

先ほどご紹介したように、土用の丑にはウナギ以外にも、「う」のつく食べ物を食べる習慣がありました。一体どんなものがあるのか、ご紹介しましょう。

①梅干し
梅干しといえばクエン酸。クエン酸は食欲を増進する効果があるので、食欲が落ちがちな夏の体力低下を防ぎます。

②うどん
冷やしうどんは食欲のないときでも食べやすいです。それに加え、薬味が胃の調子を整えて、食欲増進や疲労回復の効果があるのです。

③瓜
瓜だけでなく。ウリ科の食物であるきゅうりや、すいかなども含みます。ウリ科の食物は水分が豊富。体に熱がこもっている時にも、それを冷ます効果が期待できます。

続いて、土用の丑に食べる「う」がつかない食べ物をご紹介します。

①土用餅
土用餅というのを聞いたことはありますか?白いお餅をこしあんで包んだ、いわゆるあんころ餅です。土用に食べるあんころ餅を、土用餅と呼びます。

歴史は古く、宮中で味噌汁に丸もちを入れて食べて暑気あたりをしないようにしていたことから始まり、江戸時代に今のあんころ餅に変わったようです。

お餅には力餅という意味、小豆には厄除けの意味があるため、土用餅を食べることで、暑さに負けることなく、無病息災で過ごすことができると言われています。

②土用卵
卵も栄養価の高い食べ物です。少し前まで、1日1つ以上は体に良くないと言われていましたが、今はいくつ食べても問題ないと言われているようです。

土用に産まれた卵を土用卵といい、精がつく食べ物とされ、土用に卵を食べる習慣ができたのです。

③土用しじみ
冬と夏、両方に旬があるしじみですが、こちらも栄養価が高い食べ物です。また飲み過ぎにはしじみ汁というように、肝臓の働きを助ける成分もあるのです。
土用しじみは服薬であるとも言われます。

これら3つは季節問わず土用には食べる習慣がある地域もあるようです。

春・秋・冬の土用に食べると良い食品とは?

ポイントは土用の時期に対応する月の干支です。干支にも五行の気が割り当てられています。それぞれの土用には、その時期に対応する月の干支に相対する干支の頭文字から始まるも食べ物、または象徴する色の食べ物を食べると良いとされています。

<春の土用・辰の月 相対する干支は戌>
2018年は戌の日が4月24日、土用の期間は4月18日〜 5月4日でした。

春の土用は辰の月。そのため相対する干支は戌ですので、「い」の付く食べ物や白い食べ物が良いとされています。

例:いわし、いか、いくら、いちご、いちじく、芋など
「 い」はつきませんが、白い大根なども当てはまります。

<秋の土用・戌の月 相対する干支は辰>
2018年は辰の日が10月27日、土用の期間は10月20日〜 11月6日です。

秋の土用は戌の月。そのため相対する干支は辰ですので、「た」のつく食べ物や青い食べ物を食べると良いと言われています。秋は夏の疲れが残っていて、体調を崩しやすい時期でもあります。

例:大根、玉ねぎ 、タケノコ、鯛、たら、タコ、高菜など
青いものですとサンマやサバなどの青魚もおすすめです。

<冬の土用・丑の月 相対する干支は未>
2019年は未の日が1月28日、土用の期間は1月17日〜 2月3日です。

冬の土用は丑の月です。そのため相対する干支は未ですので、「ひ」のつく食べ物や赤い食べ物を食べると良いと言われています。

例:ひらめ、ひらまさ、ひじき、ひよこ豆、ヒラタケなど
赤い食べ物ではトマトやリンゴなどがオススメです。

土用にしないほうが良いこととは?

土用に食べたら良いものをご紹介してきましたが、土用にはしてはいけない、しないほうが良いことがあります。

<土いじり>

土いじり、すなわち土を動かしてはいけないとされています。
木を植えることはもちろん、現代ではガーデニングと言った作業も当てはまります。他に家屋の建築(土台)や増改築も禁忌とされています。

理由は、この期間には土に「土公神(どくしん・どこうしん)」という、陰陽道における土の神様(仏教では「堅牢地神」(けんろうちしん))がいて、土をいじると神の怒りで祟りが起こると信じられていたからです。

そこには、体調を崩しやすい季節の変わり目に農作業など土を触る作業をすると、体に負担が大きいため、この期間は仕事を控えてゆっくりと過ごすという意味が込められていたと考えられます。

<新しいこと>

土用の期間は、引っ越し、結婚、開業など新しいことを始めることは控えたほうが良いと言われています

こちらの理由としては、土用は運気を逃しやすく、「九星気学」という占いの考え方では、土用の期間は破壊や死を象徴する「五黄土星」の気が強くなり、何事も凶に転じやすいという考えがあるからのようです。

○土用のうちで、土いじりができる間日(まび)

土用の期間は18日間と長いので、現代ならまだしも、昔の農民は特に困ってしまうのではないか心配ではないでしょうか。
実は、土用の間ずっと土いじりが禁止されているわけではありません。

神様が天上界に帰ってお休みになる「間日」という期間があり、この期間は土いじりをしても良いとされています。
間日は以下の通りに決まっています。

冬土用:寅の日、卯の日、巳の日
春土用:巳の日、午の日、酉の日
夏土用:卯の日、辰の日、申の日
秋土用:未の日、酉の日、亥の日

1日で終わらない作業の場合はどうしたらいいのか、という疑問が残ると思いますが、その場合は土用の期間が始まる前に作業を開始すると良いとされています。

最後に

土用は夏にしかないものだと思っていた人も多かったのではないかと思います。土用とは、健康に1年を過ごすための、先人の知恵が詰まっていると言えるでしょう。

うなぎを食べる習慣の始まりは諸説ありますが、夏バテの防止にぴったりの、栄養価の高い食べ物であることは間違いありません。この夏の土用の丑の日にも、体調の変化にいつも以上に気をつけつつ、うなぎを食べて、暑い夏を乗り切れると良いですね。

 

今海外でブームになっている盆栽「BONSAI」、盆栽生活を始めるためには? 

茶道以外でも使える!便利な懐紙の歴史や使い方



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »