今日は二十四節季の「立秋(りっしゅう)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク

今日は立秋

こんにちは。

まだまだ猛暑(今年は酷暑ですね)の毎日ですが、暦の上では「立秋」秋です。

24節季は旧暦に基づいているので、旧暦は9月16日の頃をいいます。

それなら「立秋」も納得できますね。

強く照りつける太陽の色や夕暮れに鳴くカナカナカナという日暮らしの声に、ほんの少し、秋が忍び込んでいることを感じます。

近年は立秋後に最高気温(また酷暑がくるのでしょうか?)が更新されることが多いようですが、今日以降は、残暑。

クーラーと外気温とのアンバランス。

冷たいものに胃腸の調子を崩したりと、夏の体は休養を求めています。

そんな時は睡眠がいちばんですね。

 

 

蚊取り豚の始まりは?

蚊取り線香がなかった昔、土管内で枯草をいぶして虫よけをしていました。

煙の出方を調整するために「土管の口を少しすぼめたら豚の口になった」という説があります。

「徳利を横にした形から」との説も。

由来は諸説あるものの、「蚊は血を吸いやすい豚が好き」説も有力では?

 

青森ねぶたは「眠(ねぶ)り流し」

青森ねぶたは、歴史上の人物などをかたどった迫力満点の巨大な張り子の中に灯りをともし、勇壮な笛や太鼓とともに人々が跳ね踊るさまで有名です。

もともとは酷暑でたまった疲れや眠けを秋の農繁期を前に水に流そうという「眠り流し」の行事です。

旧暦七夕やお盆の送り火の要素も加わり、今のスタイルが確立しました。

絵が描かれた扇形の張り子を引く「弘前ねぶた」、高さ20mにも達する五所川原市の「立佞武多(たちねぶた)」をはじめ、東北各県ではこの時期「眠り流し」が盛んです。

1週間続けて跳ね踊った人々を包むのは、充実感と心地よい疲れ。

眠けは今晩だけは人々を深い夢へと誘います。

 


(写真:「青森旅ノート」さんより)

 

ありがとうございます。

40℃を超えた少し間よりは幾分過ごしやすくなってきました。

私たちの子どもの頃は、今がろの天気が最も暑い真夏日だったのでしょうね。

たかが50年の間にこれだけの自然環境が変わってしまいました。

さて、この先50年でどうなるのでしょうか。

できうるならこれ以上の自然環境の変化のない世の中にしていかなければ。

きっときっと、私たちが想像しえない50年後になってしまうかもです。

「今がよければそれでよし」は、もう終わりにしないと。

出来ることからしていきませんか。

出来ること?私も学んでいきます。

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

素敵な素敵な日本、そしてこの星をいつまでも変わらず残しましょうね。

 

参照
蚊取りブタは何故ブタなのか?
夏の風物詩と聞いて思い浮かぶもの

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »