本「誰のために何のために あなたは生きますか」 著:藤原美津子さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

「誰のために何のために あなたは生きますか」

この問いかけに、あなたはどう答えますか。

それは自分自身のため、家族のため、目の前に与えられた仕事のためでしょうか。

もっとありますね。

今の時代のために、これからの未来を生きる人のために、そして日本人として生まれた事のためにも生きる、知恵と時間と力を使う・・・。

今だけ切り取って、自分だけの世の中から切り離して生きるということは、そもそも出来ませんし、人は自分だけのために生きるように出来ていません。

誰かの、何かの役に立つために、自分の力を使う、今までもちろんそうしてこられたでしょう。

ですがもう一歩踏み込んで、今の時代を見つめて、考え、そして行動に繋げるヒントになれたらと思います。

(本文序章より)

 

私はもうじき還暦を迎えます。

この時に学びの多い本に出合えました。

改めて天命、「自分が天から与えられた使命」とは何なのかを問い直して、これからの人生を過ごしたいと思います。

是非とも一読いただきたい本です。

ありがとうございます。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »