還暦とは何でしょうね 親父パワーがこの星を救います

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

還暦とは

こんにちは。

明日で60歳、還暦を迎えます。

還暦って、赤いちゃんちゃんこなど赤いものを来てお祝いしてもらう姿を思い浮かべますが、これは新たに生まれ変わることをお祝いして、赤ちゃんのつもりで赤いものを着るのですね。

でも、どうして60年でお祝いをするのでしょうか。

昔の人の60歳は確かに長寿。

でも、今は、もっともっと長生きになり私もまだまだ年寄りのなかには入りたくないですよ。

 

60年で一回り

 

還暦とは、60年で干支が一回りして再び生まれた年の干支になることから、還暦といいます。

干支というと「ね・うし・とら・うー … 」を思い浮かべる方も多いと思いますが、 正確には十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)を組み合わせて形成されています。

干支(えと)の「支」は「十二支」のことで、ご存知の通り以下の12種類がありますよね。
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

また、干支(えと)の「干」はあまりなじみがないかもしれませんが、「十干」のことで、 以下の10種類があります。
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸

還暦とはこの組み合わせが60種類あることから干支が一回りするのが60年となるのです。

よく干支が一回りというと12年ではないの?と思われる方もおられるかも しれませんが、十干の10と十二支の12の最小公倍数である60年が干支の一回りにあたるんです。
(参考:還暦祝本舗さんより)

 

 

十干とは?

 

十干とは甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸と書きましたが、それぞれ、「こう・おつ・へい・てい・ぼ・き・こう・しん・じん・き」と読みますよね。

でも、十干十二支で読むときには違うのですよ。

五行の木(き)・火(ひ)・土(つち)・金(か)・水(みず)を結びつけ、さらにそれぞれ兄(え)(陽)と弟(と)(陰)を組み合わせて読みます。

こうなります。

甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みあうのえ)・癸(みずのと)

これに十二支の子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥を合わせていきますから、最初は甲子、次が乙丑となっていきます。

それぞれを「きのえね」「きのとうし」と読みます。

これを組み合わせたのが「干(え)支(と)」十干十二支となり、60年で一回りするわけですね。

最近の甲子(きのえね)は昭和59年です。

そう、戊辰戦争は慶応4 (1868) 年、戊辰の年に行われたから言うのですね。

昔は十干十二支は当たり前に使われていたのでしょうね。

もう少し知りたい方は、「干支情報サイト」をご覧ください。

 

長寿のお祝いはいつから

 

長寿のお祝いが始まったのは鎌倉時代とも言われ、その頃は今よりずっと短命で、還暦を迎える60才は長命で、すごくめでたかったのでしょうね。

それに長寿の人の持つ知識や経験はとても貴重で、大切にされていました。

しかし現代では、80歳、90歳で長寿という感じで60歳という年齢はまだまだお若いですよね。

きっとお祝いをされるご家族の方々や職場の方々も長寿のお祝いとしてではなく、今までの感謝の気持ちと、これからもよろしく!とうい気持ちを伝えるためのお祝いとなっているのではないでしょうか。

60歳以降の長寿のお祝いをご存知ですか。

70歳を古希(唐の詩人杜甫の「人生七十古来稀なり」という詩句から)

77歳は喜寿(「喜」の草書体が七の字を三つ並べて書くことから)

80歳は傘寿(「傘」の略字は八と+とで書くことから)

88歳は米寿(「米」の字は八と+と八に分けられることから)

90歳は卒寿(「卒」の略字は九と+とで書くことから)

99歳は白寿(「白」の字の上に一を書き加えると百になるから)

そして120歳を二度目の還暦を迎えることから大還暦と言います。

これから大還暦を迎える人が増えるかもしれませんね。

 

 

ありがとうございます

人生60年を迎えます。

とっても嬉しいですね。

今までの人生は自分の勉強、磨きのための時間。

もちろん、まだまだこれからも自分磨きはしていきますが、今までのように自分自分という時の過ごし方ではなく、これからの、未来の、子供たちのために何ができるのか、何をしないといけないのかをしっかりと感じて過ごしていかないとと思います。

現在4人に1人が65歳以上の高齢者と言われています。

いくつまで元気でいられるかわかりませんが、60歳を過ぎた年寄りたちがこれからの世の中のために力を一つに、大きな目標を立てたら素晴らしいことができるのではないかな。

我を捨てて。

いくつになっても我を捨てることは難しいかな・・・。

でも、年寄り、そう「ちょい悪親父」たちがパワー全開でがこの星を救わなければ。

今まで生きてこれたお礼として。

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

はい、親父パワーがこの星のためになるように頑張ります!

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »