「皇室は祈りでありたい」皇后さまのお言葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

「皇室は祈りでありたい」

こんにちは。

平成最後の今年。

来年には御世変わりが行われます。

大きく時代が変わろうとしている今。

大きく時代が変わらないといけない今。

改めて日本人として、日本という国を知らないといけないと思います。

もしかしたら世界を救える日本人のことを。

是非ともこのYou Tubeをご覧ください。

 

 

日本のことを知ろうと思えば、天皇のことを知ることも大切です。

皇紀2678年。

125代目の天皇。

もちろんいろいろな天皇もいらっしゃいました。

でも、天皇の根元は「祈る」ことです。

国民の幸せ、国家の平安、そして、世界の平和を祈ることです。

外交をされることが天皇のお仕事だとは思わないでくださいね。

自我を持たずにみんなのためのことだけを考える日々。

 

できますか、この人生。

譲位をされると公言されているのに、いまだに退位などと言っているメディア、マスコミ。

本当のことを知らなければ。

 

天皇は、「祈り」を捧げる尊い人なのです。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »