百獣の長☆  ときめき☆歌舞伎 第71回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

百獣の長☆

ときめき☆歌舞伎 第71回

 

先日、久しぶりにお能を観に行ってきました。

お能は、まだ数回しか観劇したことがない初心者。

けど、歌舞伎と同じ演目があるとなんとなく安心します(笑)

 

この日も、「石橋」があったので

楽しく観劇しました~☆

 

◆「石橋」? 

 

「石橋」は、「いしばし」ではなく、「しゃっきょう」と読みます。

歌舞伎に「石橋」という演目はないですが

けど、たぶんみなさんよくご存じ。

大人気の演目です。

 

白(もしくは、赤)の長い毛を振り回す、アレ!

そう、アレです!!

その「アレ」の正体は、「獅子」です。

 

11月の南座顔見世興行でも

松本幸四郎さんと市川染五郎さん親子の

連獅子があります!

楽しみですね~♪

 

 

ちなみに、こちらは松本金太郎(現染五郎)初舞台のポスター。

かわいい~☆

9年前です。

 

連獅子は、大人気の演目です。

お能から歌舞伎舞踊になりました。

前シテは、狂言師右近と左近。

後シテは、獅子の精。

通常、白い毛の親獅子と赤い毛の仔獅子ですが、

仔獅子の数が増えたり、

母親獅子が登場したり、

いろいろな趣向で演じられます。

 

獅子が登場するのは、「春興鏡獅子」など他にもたくさんあって

「石橋物(しゃっきょうもの)」といわれています。

 

中国清涼山に文殊菩薩様は、いらっしゃいます。

清涼山へ行くには深い谷に架かる、一本の細い石橋を渡らなければいけません。

人間では、無理。

文殊菩薩の遣いの獅子は、

清涼山から降りてきて、その石橋のあたりで戯れているようです。

 

◆獅子と牡丹

 

連獅子の歌詞には

それ牡丹は百花の王にして 獅子は百獣の長とかや

桃李にまさる牡丹花の~

虎豹に劣らぬ連獅子の~

と、あります。

 

「石橋物」は、

どの舞台にも必ず牡丹の花があしらわれます。

お能もそうでした!

 

 

百花の王とうたわれる

この、堂々とした咲きっぷり!!

わたしも好きな花のひとつです☆

 

けど、なぜ牡丹?

華があって舞台栄えするから?

品格があるから?

中国っぽいから?

 

実は、百獣の長の獅子には、弱点があったのです!

それは、自分の毛の間に潜む虫!

この虫に寄生されたら、皮を破り身に穴が開き死に至るそうです。

けど大丈夫。この虫、

牡丹の花に溜まった夜露に触れると死んでしまうんですって。

 

だから、獅子は牡丹の花の側で戯れているですね~。

お寺の襖絵などにも獅子と対で牡丹が描かれています。

 

舞台栄えの問題ではなく、

生死にかかわる問題でした。

※獅子は、空想の動物です(笑)

 

 



SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »