待ってましたっ!南座新開場~☆  ときめき☆歌舞伎 第73回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

待ってましたっ! 南座新開場~☆

ときめき☆歌舞伎 第73回

 

 

2年9か月ぶり。

11月1日に、南座が新開場いたしました!

うれしい! うれしい!!

早速、行ってまいりました~♪

 

 

◆新開場のイベント盛りだくさん!

 

新開場の期待を膨らます、イベントもたくさん行われました。

 

松本幸四郎「吉例顔見世興行」スペシャルトークショー

松本幸四郎、尾上菊之丞「襲名道中膝栗毛 先斗町高麗夜話」

ライトアップ点灯式

「吉例顔見世興行」まねき上げ

京都「高麗屋三代襲名披露と南座特別展」

南座開場式

南座発祥400年 南座新開場祇園お練り

「當つ亥歳 吉例顔見世興行」成功祈願

 

平日開催も多く、ほとんど足を運べなかったのですが

スペシャルトークショーと南座特別展、

そしてお練りには、行ってきました。

 

 

蔦屋で行われた

松本幸四郎「吉例顔見世興行」スペシャルトークショーでは、

今年の1月から始まった「三代同時襲名披露」について、多くを語られました。

 

 

1月の歌舞伎座に始まって、大きな劇場では南座が締めくくり。

家の芸でもある「勧進帳」は、

歌舞伎座、松竹座でも襲名演目にあがり、

南座では、初めて親子三代で勤められます。

 

教えてもらう父が、一番近い場所で見ている。

毎日緊張の舞台になる。

そして、次に引き継ぐ息子も同じ舞台にいる。

「学びながら、教えながらの貴重な舞台になると思う」と

お話されているのが、印象的でした。

 

 

高島屋で開催された、「高麗屋三代襲名披露と南座特別展」では、

等身大の幸四郎さんの「松王丸」が展示されていました。

 

 

これ、見たかったんですぅ~~~!

さすが、海洋堂さん!!

リアル☆

今にも動き出しそう。

 

 

そして、お練り!!

南座から東大路までの沿道に1.5万人!!!

場所取りに失敗したので、遠巻きにしか見ることができませんでしたが、

花形役者さん69人のお練に熱狂してまいりました。

 

 

車道の反対側を歩かれた役者さんは、見ることが難しかったですが

それでも、こんなに一度に役者さんを見ることはないですし、

たぶん、生きている間にこんな大規模なお練はないでしょう!!!

 

みなさん、素敵な笑顔~☆

 

雰囲気、楽しみました♪

ありがとうございました☆

 

 

◆いよいよ南座の中へ、突入!!

 

11月3日(11月最初の休日=わたしが行ける最短の日)、

顔見世興行へ行ってきました。

 

 

玄関入って、右見て、左見て、上見て、下見て。

変わってないな(笑)。

 

わたしは、三階席の住人なのですが

狭さ、角度、良くも悪くも変わってないです(笑)。

仕方ないですよね。

敷地の広さは同じですから。

 

ということで、何の違和感もなく(?)

顔見世を楽しんできました。

 

 

襲名の祝い幕。

そして、南座顔見世ならではの竹馬。

華やかでよいですね~。

 

左團次さんの毛抜。

幸四郎さん染五郎さんの連獅子。

仁左衛門さんの封印切。

白鸚さんの鈴ヶ森。

 

はぁ~~~。

顔見世って感じ。

何がって?

ひとつの公演で、こんなにたくさん

トップの役者さんの芸を観ることができる!

これは、南座の顔見世ならでは!

 

5時間の観劇。

満足、満足。

ほくほく顔で、帰りました。

 

まだ、夜の部はこれからのお楽しみ☆

そして、12月も続くのです~♪

12月のツアーご参加の皆さまは、

一緒に楽しみましょう~!

 

 

「第64回 いよいよ、南座が帰ってくる!!!」では、

南座の歴史について書いています。

よければ、合せてどうぞ!

https://wanosuteki.jp/post_20446

 



SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »