南座 顔見世観劇ツアー☆  ときめき☆歌舞伎 第75回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

スポンサードリンク

南座 顔見世観劇ツアー☆

ときめき☆歌舞伎 第75回

 

12月顔見世の夜の部を、みなさんと一緒に観劇してきました~☆

 

 

◆しっかり身につく? 少人数制!

 

今年も顔見世ツアーの「ときめき☆歌舞伎塾」は、

祇園ギャラリー礼[AYA]さんをお借りしました。

 

お申し込み数が少なかったので、テーブルを囲んで

お茶とお菓子を食べながら、ゆる~く。

疑問質問、バンバン!

濃い内容だったかも?

 

 

お話の内容は、

「南座と顔見世について」と、

観劇する4つの演目について。

 

「南座と顔見世について」は、南座の歴史やまねきの見方など。

そして、開場式についてもお話しました。

 

「義経千本桜」は、義経千本桜全体の大筋。

観劇する三段目は、あらすじよりも人物を掘り下げました。

「木の実」を上演する必要性。

今回、「小金吾討死」が上演される理由。など。

 

「面かぶり」は、わたしも初観劇。

何にも説明することができませんでした。

なので、舞台の内容とはまったく関係ないですが、

「鬼切丸」のお話を少し。

先日、北野天満宮で偶然見た鬼切丸のポスターも見てもらって

江戸と平成の精霊とのギャップも楽しみました。

 

「弁天娘女男白浪」は、こちらも本当は長いお話。

義経千本桜とは逆に

全体ではなく観劇する部分のみの、かんたんなあらすじや

5人のカッコイイ衣装の説明をしました。

 

そして、日本一かもしれない

「知らざぁ言って、聞かせやしょう!」

黙阿弥の名台詞についても!

菊之助の台詞を抜書きしましたよ。

ぜひ、口に出して言ってみてください。

黙阿弥のすごさを痛感できるハズ!

 

「三社祭」は、三社の簡単な説明を。

そして、今回踊る鷹之助さんと千之助さんについて。

わたしの個人的な思いを熱く!ぶつけてしまいました。

 

そう! 南座の顔見世は、長時間なんです。

「帰りの時間が遅くなるから」とか、「外で食事したい」とか

最後の演目を観ずに帰っちゃうと、ものすごい舞台を見逃してしまう。

後の語り草をひとつ減らしちゃってもよいなら、

観ないでお食事に行ってください!

と、強気発言で、勉強会を締めくくりました(笑)

 

 

◆キラキラ、ピカピカ☆の南座へ!

 

昨年も顔見世観劇ツアーは行いましたが、ロームシアターでした。

南座での観劇ツアーは、初!

南座へ初めて入る方も!

新開場でピカピカになった南座。

けど、400年続く格式ある劇場。

どんな風に感じてもらえたでしょう?

 

 

新しくなっても、広くなったわけではありません。

さて、集合写真をどこで撮ろうか…?

開場前、終演後は混雑する正面玄関。

けど、幕間中は誰もいません!

 

寒いところ申し訳なかったのですが、

外で撮影することにしました。

ちょっと、暗い?

けど、南座っぽくないですか?

 

 

玄関の中でも、もう一回。

 

夜の部は、お芝居2つ。舞踊2つ。

お芝居は見ごたえのあるもの。

舞踊は、2つとも明るく楽しいものだったので

みなさま、楽しまれたようです☆

 

2018年のツアー納め。

無事終了しました。

ありがとうございました☆

 

21時55分終演。

今回は、懇親会は開催できませんでした。

「残念です~」というお声もいただきました。

その分、初春大歌舞伎では、新年会を兼ねた懇親会をいたします。

ぜひ、ご参加ください~☆

 

 

2018年もツアーをたくさん開催いたしました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

 



SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »