寿初春大歌舞伎 観劇ツアー☆  ときめき☆歌舞伎 第77回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

スポンサードリンク

寿初春大歌舞伎 観劇ツアー☆

ときめき☆歌舞伎 第77回

 

寿初春大歌舞伎昼の部を、みなさんと一緒に観劇してきました~☆

たくさんの方にご参加いただきました。ありがとうございました!

お着物の方が多くて華やかでした~☆

 

 

◆ついに、早朝授業!? ときめき☆歌舞伎塾

 

なんと、8時30分開始!!

「高校の授業以来です!」と言われてしまいましたが、

それでも遠方は和歌山からご参加いただきました。

本当に、ありがとうございます。

 

 

坂田藤十郎さんの米寿記念ということで

中村鴈治郎家、御家芸「玩辞楼十二曲」、

そして初代坂田藤十郎と近松門左衛門のお話をしました。

 

『土屋主税』は、あらすじを

登場人物と時代背景をまじえてお話しました。

「赤穂浪士外伝」のひとつですが、

「俳句」が重要な役割を果たしています。

登場人物のひとり、俳句のお師匠さん「其角さん」にスポットをあててみました。

歌舞伎との繋がりも明らかになって、びっくり!

 

『心中天網島』もあらすじたっぷり。

今回は『河庄』だけですが、ふたりの結末までお話しました。

なぜって?

わたしが好きなお話だから!(笑)

「小春」と「おさん」。

ふたりの女性の魅力を知ってもらいたくて!

 

河庄と言えば、頬かむり!!!

舞台を観ていても絶対にわからない「頬かむりの話」も少しお話しました。

 

 

急いで、松竹座へ!!

 

 

◆お正月飾りで華やかな松竹座へ~!

 

 

ふたつのお芝居と一つの舞踊。

昼の部は山城屋、成駒家祭り。

 

舞踊『寿栄藤末廣』は、宮中を舞台として永遠の繁栄を願うもの。

米寿のお祝い。新年のお祝い。

三代親子共演でおめでたく、明るく、華やかでした。

 

お芝居は、どちらも御家の芸。

『土屋主税』は、扇雀さん

『河庄』は、鴈治郎さん

ご兄弟の熱演で

お芝居の結末は、明暗違いますが

どちらも泣きました~~~。

 

成駒家プラス上方役者で上方の匂いたっぷりのお芝居でした。

 

 

◆懇親会は、笑福新年会☆

 

懇親会は、終演時間から2時間後の17時開始。

大変申し訳なかったのですが、

「頬かむりの中に 日本一の顔」の石碑を見に行ったり

水掛不動さんにお参りしたり

パンケーキをシェアしたり♪ してすごしました。

 

お食事は、にし家さん。

うどんすきでした。

おいしいお料理をいただいて、大笑いして、

とても楽しい時間になりました。

 

そして、昨年同様うどんを撮り忘れるという失態。。。

あぁ~~~。

大笑いしているうちに、おなかに納まっていました。

 

 

楽しく、2019年初の観劇ツアーを過ごすことができました。

ありがとうございました☆

 

 

次回の観劇ツアーは、松竹座七月大歌舞伎を予定しています。

よければ、ご参加ください~☆

 



SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »