仏さまが持つ剣「利剣と宝剣」  松久佳遊さん「祈りの世界」より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

利剣(りけん)と宝剣(ほうけん)

仏さまで、よく持たれてるものに剣があります。
剣には利剣と宝剣があります。
剣先に特徴があってシャープな感じのものと
ふっくらと丸みを持たせたものとがあります。
前者が利剣、後者が宝剣。
説明に、利剣は降魔の思想を表示し、宝剣は自らの魔(煩悩)を倒す意味を持つ、と書いてありました…チョットムツカシイ。
利剣は智門の諸尊に、宝剣は悲門の諸尊に、ともあります。
なるほど、だからお不動さまは宝剣なのですね。
というわけで持物はそれぞれ意味があるのでテキトーにしてはいけないんですね。
ちなみに智門は真理を観ずる智慧すなわち自利の側面を、悲門は衆生を救おうと志す慈悲の側面を持つと、ありました。
利剣を、文殊菩薩がお持ちなのもうなずけますね。


SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »