今日は、二十四節気の「啓蟄」(けいちつ)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

二十四節季「啓蟄」

 

こんにちは。

「啓蟄」、七十二候では「蟄虫啓戸」(すごもりのむしとをひらく)で意味は同じ。

旧暦の今日は、1月19日、まだまだ寒さを感じる頃。

旧暦の3月6日はというと、今の4月21日。

季節感が難しいですね。

 

蟄虫は冬ごもりをしている虫、蛇や蛙なども含めた小さな生き物をさします。

「蟄(ちつ)」は虫たちが土中で冬ごもりをすること。

人間だと、家に閉じこもって「寒いよ~」って出てこないさまです。

でも、春の暖かさを感じてくると「啓(けい)」、開くという意味。

視界がパッと明るく開けて、うきうき、わくわくって感じになっていきます。

まるで、家の戸を開いて顔を出したような表現です。

小さな命にも、暖かいまなざしをそそいでいたことが感じられますね。

 

春が来た!

 

春が来た!と思う日もあれば、凍えるような寒さの日もあったりと3月のお天気は気まぐれ。

この時期は、寒い日が3日ほど続いた後に暖かい日が4日ほど続くという日を繰り返しながら、徐々に気温が高くなってきます。

これを三寒四温といいます。

また、3月は風の強い日が多く、まるで春風が冬将軍を吹き飛ばそうと頑張ってるみたいですね。

 

この時期は「土筆(つくし)」

 

この時期の風物詩といえば「土筆」です。

陽気に誘われるようにして、土の上にかわいい顔をのぞかせます。

昔から親しみをこめて「土筆坊」って呼ばれてきました。

「杉菜」の胞子茎ですが、緑の杉菜が生える前に出てきます。

摘み取って、はかまを除き、煮物や和え物にして食べるのも、この時期ならではの楽しみですね。

もう、食べられましたか?

 

ありがとうございます。

 

やわらかい日差しを浴びて木の芽が少しずつふくらみ、土筆が。

虫たちも飛び始めます。

花粉症の方にはつらい時期でもありますが、いのちたちが日に日に活動的になっていくのを感じると、じっとしてなんかいられません。

重いコートを脱いでウキウキお出かけしたくなってきますね。

 

いのちがいっぱい感じられる、今日この頃、この日本。

嫌なこともいっぱいあるかもしれませんが、忘れて忘れて。

春の陽気に誘われて、いっぱい楽しみましょうね。

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

参考:本「大切にした、にっぽんの暮らし」著:さとうひろみ

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »