桃源郷を探しに  日本の七十二候「桃始笑」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

日本の七十二候「桃始笑」(ももはじめてさく)

桃源郷を探しに

 

こんにちは。

今日は旧暦の1月25日、先勝(癸卯(みずのとう)。

 

東北大震災から七年が経ちました。

まだまだ、復興されていない所も多々あると聞いています。

いち早い復興で、笑顔が取り戻せることを祈っております。

また、多くの方々のご冥福をお祈りいたします。

 

梅が終わると桃のころ 

 

梅の花ももうじき終わり、庭先では沈丁花が香りほのかに咲きだします。

今年の桜は早いのでしょうか?
桜までの、しばしの間、目を楽しませてくれるの花が「桃」。

3月10日から15日までは、七十二候の「桃始笑(ももはじめてさく)」のころです。

 

梅、桃、桜、あなたの好きな花は? 

みなさまは、梅、桜、そして桃、好きな花は?

私は「桃」です。

 

桃といえば、三月三日の桃の節句です。

現代の暦では少し早いようですが、、旧暦ですとちょうど花の盛りだったのでしょうね。

桃は、枝にそってたくさんの花をつけるので、子孫繁栄の象徴として神聖視されてきました。

梅や桜と似ていますが、梅は花びらの先がまるく、桜は割れているのに対して、桃はとがっています。

とはいえこの時期は、杏、英桃(ゆすらうめ)、海棠(かいどう)など、よく似た花が次々と咲いていく時期です。

昔は花が咲くことも「笑う」「笑む」といいました。

どの花も、そして私たちもこの時期「笑み」がこぼれますね。
(本:入門 日本の旧暦と七十二候より)

 

桃源郷、平和な理想の地

 

桃は梅と同じく、中国から来た花。

その中国で生まれたのが「桃源郷」。

 

中国、東晋(とうしん)の太元年中(376~396)武陵の漁師が船で川をさかのぼって、桃の花が咲き匂う林に迷い込み、林の尽きる水源の奥の洞窟を抜け出ました。

そこには秦の戦乱を避けてこの地に隠れ住んだ人々が、漢・魏・晋と数百年にわたって世の中の移り変わりも知らず、平和な別天地での生活を営んでいました。

と、陶淵明(えんめい)の『桃花源記』に書かれていました。
(本:少学館 日本百科全書(ニッポニカ)より)

 

 

ありがとうございます。

 

桃源郷、帰宅したのち改めて探し行ったけど見つからなかったそうです。

桃源郷、誰もが願う楽園・ユートピア。

桃源郷、どこにあるのでしょうね。

願うだけでは訪れはないかも。

 

天変地異も、世界中で起きている争いも、もう本当に嫌です。

大切な大切な自然を人間のエゴで破壊、崩壊していく現代。

自己中心で自分さえよければいいという現代。

もちろん、すべてがそうではないでしょうが。

 

神さまは、呆れてしまってるかも。

だから陛下は、譲位をされるのかも。

八紘一宇、世界中が笑顔あふれる日々でありますようにとお祈りするために。

 

これからの子供たちに、私たちが残さなければいけないこと。

それは、こんなに素晴らしい地球とともに自我ではなく利他、みんなと一緒にって思えることではないでしょうか。

それは、いつもいつも、「ありがとう」って思える心が大切。

 

この星に「ありがとう」がいっぱいあふれますように。

いつか、この星が桃源郷となりますように。

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »