「鴻雁北へ帰る」(こうがんきたへかえる) 日本の七十二候

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

日本の七十二候「鴻雁北へ帰る」(こうがんきたへかえる)

こんにちは。

雁が北へ帰っていくころです。
夏場はシベリアへ、また秋には日本へ帰ってきます。

「鴻」は大型、「雁」は小型の雁をさすと言われています。

伝説によると、雁は途中の海上で休むための木片をくわえて渡ってくるのだとか。
陸に着くと浜辺に落としておき、またその木をくわえて帰るというのです。
ですから、春、浜辺に残された木片は、死んで帰れなかった雁のもの。

土地の人は、拾い、集めてお風呂を焚き、供養したそうです。
これが「雁風呂」と呼ばれる習慣です。

 

鳥風

雁が群れをなし、薄曇りの空の下、北の海を渡っていく姿を眺めると、旅の厳しさに胸が絞めつけられる思いがします。
そんな春先の北国の曇り空を「鳥曇(とりぐもり)」というそうです。
また、鳥の群れがはばたく羽音が、風の鳴るように聞こえ、鳥風と呼ばれます。

 

旬の野菜「たらのめ」

この季節、旬の野菜は「たらのめ」でしょう。
待ちわびる春の山菜のひとつが。たらのめ。
たらの木の新芽です。
とくに天ぷらが美味。
葉酸を多く含むので、血行をよくしてくれます。

またビタミンEが豊富で、アルコール性脂肪肝を抑え、酒の肴にもぴったり。
穂先があざやかな緑で、さほど大きくなる前のものを選ぶのがこつ。
旬は6月上旬まで。

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

参考:本「日本の七十二候を楽しむ」著:白井明大さん



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »