和菓子は日本人の心 四季折々をお楽しみください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

和菓子は日本人の心

贅沢な時間

 

こんにちは。

おいしいお茶(新茶はもうじき)と、この季節の和菓子。

縁側で新緑のお庭を見ながら・・・なんて贅沢な時間ですね。

季節を織り込んだ繊細な和菓子は、日本の文化。

その季節にしかいただけないのも、また風流ですね。

 

四季折々の和菓子

 

手のひらにおさまるほどの小さな菓子が伝えてくれるのは、その時期、一番の魅力。

花、鳥、風、月、風情など生きものから景色、果ては目に見えないものまで。

つくり手は限られたかたちのなかに織り込もうと試行錯誤します。

土台となるのは四季折々を愛でる気持ち、うつろいゆく無常の世を慈しむ暮らし。
(文:ほんとうの「和」の話)

 

和菓子は耳で味わう

 

和菓子の魅力とはどんなところでしょうか。

先ずは五感を刺激してくれますね

和菓子は日本人の「和」の心を凝縮してます。

視覚・聴覚・嗅覚・聴覚・触覚の五感で感じて楽しめます。

味わいへのこだわりはもちろん、見た目や季節の素材がかもす香り、そして、作り手の思いをこめて銘。

和菓子を食べる前に銘を聞いて、今日の和菓子を想像して「ゴクン」って・・・いいですね。

そして、四季を味わえること。

季節の移ろいを感じながらお茶とともに、お庭を見ながらなんて素敵ですね。

忙しくストレスを抱えてる時には、是非ともこのような一服でリラックスしてください。

 ありがとうございます。

 

私の大好きな和菓子

卯月は桜餅、それでは皐月は?

「柏餅」ですね!

写真は私の大好きな三色だんご、花見だんごですね。

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

やっぱり、日本は素敵ですね。

 

叔父が最後につくられました絵本です。宜しければお子さまと一緒にお読みください。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »