「もののあはれ」 日本の美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


(絵:広重初代「花鳥風月 大短冊判ニ十選集 【復刻版】

 

スポンサードリンク

「もののあはれ」 日本の美

 

こんにちは。   

6月16日まで、サントリー美術館で行われてます。

とっても素敵でした。

みなさまも、ぜひとも、「もののあはれ」を感じてください。

 

 


サントリー美術館より

 

「もののあはれ」

 

「もののあはれ」という言葉は、人生の機微や、四季の自然の移ろいなどに触れた時に感じる、優美で繊細なしみじみした情趣を意味します。

古今和歌集や源氏物語に代表されるように、古来、日本人は自然の美しさに、人生の喜びや哀感を託して和歌を詠み、物語を紡いできました。

特に、春の桜、秋の紅葉、鶯や時鳥、月や秋草などが、もののあはれを誘う風物としてこよなく愛されてきたことは、各時代の文学や、文芸作品に明らかです。

 

この展覧会は雪月花、花鳥風月に代表される自然の美しさを描いた絵巻や屏風、漆工や陶磁器などについて、平安時代以来の美術の流れを辿れます。

日本の美の根底に息づく「もののあはれ」をめぐる美的理念や、自然の移ろいに心動かされた人々の思いを少しでも明らかにし、ひたすらに優美に造形化されてきた情豊かな美術の世界を、心から深く鑑賞できる機会です。

 

ありがとうございます。

 

平安の時代よりつづく、雅なる日本人の感性。

「もののあはれ」

あらためて、四季折り、八百万すべてのものに「美」を感じれる私になりたいです!!

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »