和の素敵な人たち  風呂敷文化研究家「つつみ純子さん」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク

つつみ純子さん ふろしき道

日本の生活の中で育まれてきた和の心を、ふろしきからお伝えしております。

“ふろしき”を通じて、日本人の生き方やしぐさ、しつらい、食、文化などを伝える活動をおこなっています。

国際文化交流基金からポーランド、グルジア、イスラエルに派遣され、文化交流の一翼を担われていらっしゃいます。

 

「ふろしき」とは

ふろしきは、包み方や結び方を変えることで、何でも包んでしまいます。
ふろしきで運ぶことも、まとうことも、隠すことも出来ます。
ふろしきをかけておくだけで、埃よけや美しく見せることができます。

ふろしきの結び方には、日本人の思いやりと美意識が隠されています。
ふろしきの包み方には、日本人の知恵が生きています。
さまざまな用途に、ふろしきは柔軟に、自由自在に対応してくれます。

ふろしきの文様は種類が多く、美しいのです。
ふろしきの柄ゆき(構図)も種類が多く、芸術的にも素晴らしいものがあります。
ふろしきの色には、日本の美しい和の色が、上手に使いこなされています。
ふろしきの中には、その時代背景まで映し出すものが、沢山あります。

ふろしきは日本を語るに最適なツールではないでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »