日本の七十二候「鶺鴒鳴」(せきれいなく) イザナギに恋を教えた古からの鳥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサードリンク

日本の七十二候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」

こんにちは。

「白露(9月7日~21日頃」の次項、鶺鴒が鳴く時期です。

よく見かける「白鶺鴒」は、昔は、北海道で繁殖し、他の地方へは寒くなってから渡ってくる冬鳥だったそうです。

今では、よく似た「背黒鶺鴒」などとともに、本州全体に一年中いる留鳥なりました。

黒と白の小鳥で、尾が長く、上下に振る動きが特徴です。

 

 

恋教え鳥

 

鶺鴒は神話の時代より「恋教え鳥」「恋知り鳥」などと呼ばれる艶っぽい鳥のようですよ。

日本を創った伊佐那岐(イザナギ)と伊佐那美(イザナミ)の二人の神は、結婚当初、子どものもうけ方が分からずにいたそうです。

するとそこへ鶺鴒が飛んできて交尾を始め…、それでめでたく二人の神も無事結ばれ、息子の大八嶋(日本列島)が生まれたというお話。

でも、こうした伝説から、鶺鴒は古来より結婚の儀に関係が深く、皇室での成婚時には新床の飾りに鶺鴒が置かれてきたそうです。

 

 

ひつじ雲といわし雲、うろこ雲

 

秋の空にはさまざまな雲が姿を表します。

肴のうろこのように見える「うろこ雲」や、もこもこの羊のような「ひつじ雲」。

どちらも秋らしさを感じる雲ですが、この二つの雲の違いをご存知ですか。

うろこ雲は、いわし雲なんて呼ばれ方もしますが、気象学的には巻積雲(けんせきうん)の一種に分類されます。

秋を代表する雲で、上空の高いところに発生します。

また、巻積雲は雲が薄く、太陽がすけるため陰ができません。

ではひつじ雲はというと、高積雲(こうせきうん)の一種です。

巻積雲と比べると、発生する場所が低く、雲が厚いため、底に陰があります。

発生する高さが違うということは、地上にいる私たちからの距離も異なってきます。

そのため、見かけの大きさでも判断することが可能と言われています。

手を伸ばして、小指または人差し指を1本立てます。

雲の塊が小指に隠れた場合は、上空の高い所にできる巻積雲の可能性が高くなります。

なので、小指に隠れる雲はうろこ雲。

一方、雲の塊が人差し指からもはみ出してしまうようであれば、高積雲ということになり、ひつじ雲です。

(文・写真:weathernewsより

 

ありがとうございます。

食欲の秋。

個人的な話ですが「あわび」が大好きな私。

旬は8月~10月。

日本で食べているのはクロアワビ、エゾアワビ、メガイアワビ、マダカアワビ。

あわびは巻貝の仲間で、2枚あるはずの貝殻が片方ないから、合わぬ身、転じてあわびという名になったとか。

刺身にするのは簡単で、ステーキナイフなどで身を取りだしたら、薄く切るだけ。

肝は茹でて添えても、そのまま食べてもおいしいですね。

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

秋は昼の空も夜の空も楽しめますね、そんな和の心を大切にしたいです。

(初版:2013.09.12 再編集)

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »