古(いにしえ)を稽(かんが)へて今を照らす 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


(写真:「古事記編纂1300年(宮崎)関連 つれづれ つぶやき」さんのHPより)

スポンサードリンク

古(いにしえ)を稽(かんが)へて今を照らす

こんにちは。

日本の最初の歴史書といわれる書物「古事記」は西暦712年に編纂されました。

およそ1300年前のことです。

40代天武天皇が天皇家の系譜を記した「帝紀」と、朝廷の伝承を記した「旧辞」がありました。

時とともに内容に手が加えられていき、史実と異なる記述が多くなってきました。

これを正そうと思い、稗田阿礼(ひえだのあれ)に誦習(しょうしゅう)させたのが始まりといいます。

天武天皇の死後、中断されましたが、43代元明天皇が引き継ぎ太安万侶(おおのやすまろ)に命じ、稗田阿礼が口述した内容を筆録したのが「古事記」となりました。

その「古事記」の序文のお話しです。
 

「古事記」序文

「古(いにしえ)を稽(かんが)へて今を照らす」

昔のことを参考にして、今日のあり方を考へる。

経験を通じて、反省の資とする。

人生はそうしたものである。

 

古事記序文には

「歩驟(ほいう)各々異に、文質同じからずと雖(いえど)も、古へを稽(かむが)へて、以て風猷(ふうゆう)を既に頽(くずおれ)れたるに繩(ただ)し、今を照らして以て典教を絶えなむと欲するに、補はずといふこと莫(な)し」とある。

 

その一節を採ったものである。

前文の意味は、時代と共に文化の進み方には速いこともあるし、遅いこともある。

いづれにしても、その時代の文化の発展のためには、過去の日本の文化を考へ、その反省の上に立って今後の在り方を見通すべきである。

時代の道徳・風俗の衰えも、古のこと(伝統)を考へ、今日の在り方と対比して、教への基本とすべきであるといふのである。

今日のやうに、我が伝統を反古紙のやうに捨て、何でも彼でも外国のものといえば飛び付く時代の文化、風俗に対して、この言葉は簡なりといへど一大痛棒だといへよう。

(文:神道百言:岡田米夫)

 

ありがとうございます。

古事記編纂の時代より、今日のあり方は、昔のことを参考にするべしと語られています。

今から1300年ほど前に太安万侶は、今のこの世のありようを想像してこの言葉を書いたのでしょうか。

いやいや、日本の歴史には海外からの文化を取り入れて、その文化を日本流にしてしまった歴史が多々あります。

そう「日本流」に。

今は日本流にならずに、そのまま海外の文化を受け入れている。

なんで?

骨抜きになってしまった日本。

そこを変えていかなければ日本としての伝統の進化はないですね。

そう「日本流」に!

元明天皇や太安万侶が今の世を見たらなんとおっしゃるでしょう。

いや、常世の国からご覧になっていらっしゃるかもしれませんね。

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

今だからこそ、もっともっと日本の文化を大切にしなければならないと思います。素敵なことがいっぱいの日本文化を。

 

参考
本:「神道百言」著岡田米夫
HP:「日本最初の歴史書「古事記」とは何か?」より

 

日本人の道徳を意識して
日本語の「みち」
「大嘗祭」(11月14日深夜~15日朝) 「御代替り」「御世代り」の今年⑤



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク
Translate »