和の素敵 | 京都浄住寺が贈る素敵な和のメディア - Part 132
Slider

和のInstagram -和の写真を公開中!-

イベントPICKUP情報! -和の心を学ぶイベント情報を配信-

読みもの

第二回  目から鱗の漢字の世界

「道」という字になぜ「首」が使われているんだろう 第2回  目から鱗の漢字の世界道 「道」という字になぜ「首」が使われているんだろう。 習いたての頃はまったく気にもしなかったことが、後年気になり、気になり出すと知りたくなります。 でも、浅学だったのか、知るすべがなかったのです。ところが...
読みもの

第一回  目から鱗の漢字の世界

『口』人が大きな口を開いているカタチではない 第1回  「クチー口」アルファベットは表音文字なので、AやBのカタチにさして意味はありませんが、表意文字である「漢字」は、その字のカタチに意...

読みもの

正統派江戸千社札を作ってみよう

      よく神社やお寺の柱、壁に貼ってある、名前の書いたお札、それが千社札です。   神社仏閣に納札するために、神社仏閣の許可をもらいご朱印を頂いた上で千社札を貼るの...

読みもの

「おはぎ」は日本の KING of Sweetである

  吉祥妙さんに聞く、おはぎ道   たかが「おはぎ」、されど「おはぎ」   おはぎは日本の四季、生活の中に自然に溶け込んでいる和菓子です。  ところで、「おはぎ」は「ぼた餅」とも言われますが、その違いはご存じですか?    ...
読みもの

「第六回三大神話神楽祭」伊弉諾神宮

 「第六回三大神話神楽祭」伊弉諾神宮はじまりの島、時の扉が今、開かれます。神々のふるさと 三大神話 神楽祭 国生み神楽の初舞台 淡路・出雲・高千穂 の神楽が9月23日(月・祝)伊弉諾神宮で舞います。   ...
読みもの

朱漆器「根来(ねごろ)」

    朱漆器「根来(ねごろ)」古びた味わいが好まれる美術工芸の中でも、朱漆器「根来」はその最たるものではないでしょうか。使い込まれると上塗りの朱漆がすり減って下塗りの黒漆...

読みもの

今日は「八朔」

      「今日は「八朔」     今日は旧暦8月1日、八月朔日の略で八朔といいます。八月朔日、朔日って知ってますか?朔の瞬間を含む日を朔日といいます。陰暦...

読みもの

「日本髪」

    「日本髪」   和装を完成させるのは、髪の美しさ。着物にはもちろん日本髪が似合います。和装をまとう時は、そのたおやかさゆえ、頭の先からつま先まで注目したくなりますり、当然、洋服の時よりも髪型にも目が向きます。だからこそ、全体の雰囲気がガラリと変...
Translate »