和の素敵 | 京都浄住寺が贈る素敵な和のメディア - Part 132
Slider

日本の素敵を世界へ発信する、
和のメディア

和のInstagram -和の写真を公開中!-

イベントPICKUP情報! -和の心を学ぶイベント情報を配信-

読みもの

成願文様と図案を施したiPhoneケース

歌舞伎は伝統芸能という“別枠”で語られることが多いので、どうもなじみにくい。 劇場に足を運ぶには、ちょっと敷居が高いような気がするし そもそも上演されている演目のストーリーがわからない。 そう感じている人が多い歌舞伎ですが、 元々はいろんな人が気軽に楽しめる“娯楽”だったのです。...
読みもの

いつも心に、幸せ言葉。

  いつも心に、幸せ言葉。  立春も過ぎ、これから少しづつ暖かくなってきますね。春に向かって心も暖かくしていきませんか。言葉にはとても強い力があります。「言葉かけ」...

読みもの

長唄ってどんな歌?

  長唄ってどんな歌?   先日、素敵な長唄「二人椀久」を聞かせていただきながら、長唄って何?って。学ばなければ。wikipediaによると、近世邦楽の一ジャンルで三味線音楽の一ジャンル。江戸の音曲の一つであり、正式名称は江戸長唄(えど ながうた)というそうです。またこ...
読みもの

私の大好きな白洲正子さん。

  私の大好きな白洲正子さん。  自分に似合うきものがあるように、きものに似合う帯もあります。一つのきものに、一つの帯というのが理想ですが、そこまで凝る必要はないか...

読みもの

着物一反に何匹の蚕の命が必要かご存知ですか。

  着物一反に何匹の蚕の命が必要かご存知ですか。平均的には約2800匹ぶんの繭玉が必要といわれています。原種に近い「小石丸」や「松岡姫」「又昔」という品種ですと3000匹以上でしょうか。多いと思われますか?少ないと思われますか?約2800匹の蚕のお食事、桑の葉は100kg必要...
読みもの

山村若女さん(山村流地唄舞)

山村流地唄舞 山村若女さん江戸時代に上方の町人が武家文化の影響を受けて作り上げられたのが地唄舞です。 着流しに、屏風を立てた座敷で舞う素踊りを基本としています。 源流となった御殿舞と、...

読みもの

「地唄舞」とっても素敵なんです。

  「地唄舞」とっても素敵なんです。昨日、始めて地唄舞を見てきました。山村若女さんの「第十回 なら 玉響(たまゆら)の会」にお誘いいただき、奈良能楽ホールに行ってきました。地唄...

読みもの

今日はお茶のお稽古でした。

  今日はお茶のお稽古でした。今日のお稽古は「掛け軸」でした。若宗匠に5つの掛け軸をご紹介いただき、いろいろなことを教わりました。初めて教わる事ばかり。本当に楽しい...

読みもの

「父は家元」見に行きたいです。

  「父は家元」見に行きたいです。 430年の伝統を受け継ぐ遠州茶道宗家の13世家元小堀宗実の活動に密着取材した長編ドキュメンタリー映画。明日から順次全国公演です。 先ずは、「父は家元」の紹介サイトをご覧ください。素敵な言葉がいっぱいで、それだけでも楽しいです。http://ch...
Translate »