1. HOME
  2. 和のお話し
  3. お茶
  4. 湯浅先生のお茶日記8 「アダーシュ・ムーナ茶園」

湯浅先生のお茶日記8 「アダーシュ・ムーナ茶園」

アダーシュ・ムーナ茶園

ダージリン「アダーシュ・ムーナ茶園」のRIMPOCHA(リンポチャ)シルバーニードルズ紅茶を飲んだ感想。

この茶園の「RAJAH RIMPOCHA」シルバーニードルズは2019年4月19日の満月日に作られた貴重な紅茶です。
この紅茶は元マカイバリ茶園主ラジャ・バナジー氏が小さな生産者を集合した茶園をプロデュースした紅茶です。
茶葉はグリニッシュで鼻から抜けるような爽快なハーブのような香気と新芽からエッセンスから上品な甘みに爽やかな渋みが混ざり合った風味が口に広がります。
華やかな紅茶ではありませんが、この紅茶の風味は癖になる魅力があります。

私は食事の時あるいはお菓子のお供には手放せません。
それは素材の持つ味を引き出す力を発揮する紅茶だと思いました。
今までになり紅茶で名前はRIMPOCHA(リンポチャ)です。
意味は崇高なるお茶を意味してラジャ・バナジー氏がつけた新しいブランド名で新しい茶園と紅茶の誕生です。
画像の一部にラジャ・バナジー氏の画像をアップしています。

販売元:マカイバリジャパン
http://www.makaibari.co.jp

ダージリン・マカイバリ茶園親善大使
湯浅 薫 (茶文化研究家)

ありがとうを世界中に
Arigato all over the World

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事